猫に『愛情』は伝わるの?おすすめの方法と伝えるメリット3つ

猫に『愛情』は伝わるの?おすすめの方法と伝えるメリット3つ

(猫は気まぐれだから愛情を伝えてもちゃんと伝わっているのかな…)と不安に思っていらっしゃる飼い主さんもいるでしょう。しかし大丈夫、しっかりと愛情を伝える方法は存在しますので、その方法を使えば愛猫にきちんと飼い主さんの愛情は伝わるはずです。本記事では、愛猫に愛情を伝える方法やメリットについてご紹介したいと思います。

1455view

1.話しかける

猫とコミュニケーション

愛猫に話しかけるというのも大切な愛情表現の一つです。実際に朝起きたら愛猫に「おはよう」と声をかけてあげる飼い主さんは多いと思います。

もちろん愛猫も飼い主さんから話しかけてもらえることで「気にかけてくれている」と飼い主さんからの愛情を感じてくれることでしょう。

飼い主さんが話しかけてくれた時に耳やしっぽを動かしたり、振り向いたりというような反応を示してくれるのは、話しかけてもらえたこと自体が愛猫にとって嬉しいことだと思ってくれているからですよ。

2.呼びかけに応える

子猫と会話する少女

飼い主さんが愛猫に話しかけるのと同じように愛猫のほうから飼い主さんに鳴くことで呼びかけをすることもあります。そんな時は「はーい」「どうしたの?」というように返事をしてあげてください。

人間同士でも会話のキャッチボールをすることでコミュニケーションを図りますが、愛猫相手でもそれと同じで呼びかけに反応するというのはコミュニケーション手段になります。

愛猫から呼びかけられた時は、できるだけ振り向いて顔を見て返事してあげると良いですね。もちろんトイレやお風呂の中ではできませんので、その時は声だけでも返事してあげるようにしましょう。

3.愛情を伝えることで猫も飼い主も幸せになれる

スリスリされる女性と猫

猫に愛情を伝えるメリットはもちろんあります。飼い主さんから愛情を伝えることで、愛猫の性格によっては甘えてくれるようになる頻度が上がることもあるでしょう。

そんな可愛い愛猫の姿を見たり、ゴロゴロ音を聞くことで飼い主さんも癒されますよね。愛猫も、飼い主さんがリラックスしてくれたり撫でてくれたりすれば嬉しい気持ちになるでしょう。

このようにお互いの関係がさらに良くなる上に、両者ともとても幸せな気持ちになれる、という素敵な相乗効果が得られるのです♪

まとめ

話しかけてくる猫

「猫は気まぐれ」というイメージから、愛猫に愛情表現をしても一方通行になってしまうのではないか…と不安になる飼い主さんは少なくありません。けれども実は、猫はとても社交的な生き物なので、こちらが愛情を伝えれば伝えるほど愛情を返してくれます。

一見ドライに見える性格の猫でも、ちゃんと飼い主さんのことを大好きになってくれますし、大好きな人にしか見せない仕草など披露してくれるようにもなります。

愛情の見返りを求めてはいけませんが、注がれた愛情は愛猫なりの方法できちんと返してくれますので(うちの子は私のことをどう思っているんだろう…)と不安になる必要はないと思いますよ。

スポンサーリンク