猫が『足の間で眠る』のはなぜ?4つの気持ち

猫が『足の間で眠る』のはなぜ?4つの気持ち

気がつくと、猫が足の間に入ってくることはありませんか?人間を有頂天にさせる、この猫の仕草はどのような気持ちからするのでしょうか?猫目線で考えてみましょう。

3280view

1.狭いところが好きニャ〜

膝の間にすっぽり入る猫

足の間は、猫の身体がすっぽりと収まります。やはり、猫にとっては気持ちが良いのでしょう。

狭い段ボールに無理矢理入る猫の姿をよく見ることがありますよね?猫は、身体の触れるような狭い場所が大好きです。身を守ったり獲物を待ち伏せするなど、野生時代の名残と言われています。子猫時代にお互いに身体を寄せ合うようにしていた姿とも同じようです。

2.暖かで嬉しいニャー

二人の足の間にいる猫

猫より程よく体温の低い人間から、暖をとって寒さを解消しているのでしょう。

猫の先祖は、砂漠で育ったリビアヤマネコです。寒さは基本的に苦手なため暖かさを確保しようとします。足の間はほのかに暖かく大変に気持ちが良いのでしょう。

猫に乗ってほしいために、わざわざ室温を低くする人もいます!

3.ホッと安心できるニャン!

足の間でへそ天をする猫

一緒に暮らしている人間にくっついて眠ると安心できるのでしょう。

眠る時は警戒しないで眠りたいですよね。足の間ならば危険もなく心配ありません。そして、ご飯の時間がきても足の間に寝ていればすぐに催促できます。色々な意味で、猫にとっては安心できる場所なのでしょう。

4.甘えたいニャ〜ン

腿の間で撫でられる猫

人間の手が届く範囲である足の間は、甘えたくて構ってほしい猫にとっても居心地が良いようです。

上目遣いで人間を見たり声にならない声を出していれば、人間は「どうしたの?」と構ってくれます。そして優しい手で撫でてくれるでしょう。自分の様子も見てほしい、そしてお世話をしてほしいと考えている猫には最高の居場所です。人間の動きもチェックできるので一石二鳥ですよね!

まとめ

足の裏の横で眠る猫

猫が『足の間で眠る』のはなぜ?4つの気持ちについてお伝えいたしました。

猫目線はいかがでしたか?確かに、自分が猫だったら身体を伸ばせる足の間の方が、抱っこされるより数段気持ちが良いですよね。

猫の陣取る場所は、家の中で一番快適な場所と言われます。人間の足の間は、猫にとって快適な場所ランキングでも上位を占めるということになるのです。皆様、今日もお猫様のために「足の間」を開けておきましょうね!

スポンサーリンク