猫に『大好き』な気持ちが伝わる5つの方法

猫に『大好き』な気持ちが伝わる5つの方法

猫に「大好き」という気持ちを伝えることはできるのでしょうか?今回は、猫に伝わりやすい愛情表現を紹介いたします。

3732view

猫に「大好き♡」を伝える方法

ハート

いつも心を癒してくれる愛猫に、感謝の気持ちや大好きな気持ちを伝えたいと思ったことはありませんか?

そこで、今回は猫に愛を伝える方法を5つ紹介いたします。

1.ゆっくり瞬きをする

愛猫と目が合ったらゆっくり瞬きをしてみてください。これは猫語で「大好き」というサインになります。

2.言葉で直接伝える

もちろん、言葉で直接伝えるのもあります。猫もよく聞く言葉は覚えています。優しく撫でながら「ありがとう」「大好き」と声にしてみてください。

飼い主さんの雰囲気も相まって想いが伝わるでしょう。

3.スリスリしてきたら撫でる

猫がスリスリするのは愛情表現です。甘えたいという気持ちも含まれています。気が済むまで甘えさせてあげましょう。

愛猫の気持ちに応えてあげることで「私もあなたのことが好きよ♡」というメッセージが伝えられます。

4.一緒に遊ぶ

一緒に遊んであげても喜びます。その瞬間に最も反応が良いおもちゃを選び、楽しそうな雰囲気を伝えましょう。

親しい相手と楽しい時間を共有する嬉しさは、猫も人も同じなのです。

5.愛猫のこだわりを理解する

猫は個性が強い動物で、愛猫ならではのこだわりを持っていることがあります。食器の置き場所やトイレの大きさなど、愛猫の好みを理解してあげましょう。

「これがいいんだよね〜」と笑顔で接することで、愛猫への愛情が伝わります。

適切に叱ることも愛情

イタズラする猫

愛情とは単に甘やかすことではありません。愛猫の好みや苦手なことに寄り添うことも大切ですが、適切に叱ることも重要です。

猫を叱るときは次のようなことを意識してください。

  • 必ず現行犯であること
  • 大声で怒鳴らないこと
  • 「ダメ」や「痛い」などの単語で伝えること
  • 叩かないこと

危険なことをしていたら、手短に注意しましょう。爪とぎのように習性が関与しているものは、叱るだけではなく「やっても良い」方向へシフトできるようにしてあげましょう。

まとめ

抱きしめられる猫

猫に愛を伝える方法を5つ紹介いたしました。

どれも日常生活の一部につながるものなので、実践してみてください。猫は素っ気ない態度を取りながらも喜んでくれると思います。

スポンサーリンク