猫との『信頼関係』が壊れる行動とは?絶対しちゃダメなこと4つ

猫との『信頼関係』が壊れる行動とは?絶対しちゃダメなこと4つ

猫と人間は、信頼しあってこそ穏やかに暮らしていくことができます。猫との関係が崩れる場合にはどのような原因があるのか、タブーとして見ておきましょう。

12736view

1.嘘をついて騙す

期待に満ちた顔の猫

言葉にしたことを守らないと、猫との信頼関係にヒビが入ります。

例えば、病院へ連れて行く時に猫が察知して隠れていることがありますよね?

誘い出すために、食べ物やおもちゃを使うことがありませんか?

そのようにして誘った場合は、少しの量や時間で大丈夫ですから必ず言ったことを守らなければいけません。

言葉が嘘になってしまうと、猫と人間の信頼関係が壊れてしまいます。

2.愛猫と他の猫を比較してしまう

不信感を持つ猫

猫も、自分以外の猫と比較する人間のことは信頼しにくいでしょう。

やはり、一緒に暮らす猫のことは第一に考えてあげなければいけません。

時々他の猫や動物を可愛いと感じる事は構いませんが、愛猫と比較をしてしまうと、それは愛猫には分かってしまいます。

それぞれに個性が違うのですから、比較することは絶対にやめましょう。

3.ご飯の時間を守らない

ご飯の入っていない食器を見る猫

決まった時間にご飯が出てこないと、猫からの信頼が薄れます。

いつも猫のそばにいて、猫のペース通りに動かなければならないという事ではありません。

猫には決まった生活パターンがあります。特に、ご飯は猫にとっても大変に大切な時間です。

帰る時間が決まっておらず、いつ食べられるか分からない状況では猫が安心できません。

猫が食べたいと思っている時間に用意ができないならば、自動給餌器を取り入れましょう。

4.猫の相手をしない

元気のない猫

構わずに無視をしていると、猫から好かれなくなり、信頼関係も崩れてしまいます。

猫は一緒に暮らす人間の事が好きです。一緒に暮らすという事は、自分のテリトリーに住まわせても良いと猫が思っているからです。

しかし、猫の存在を無視しお世話や相手をしなければ、猫は裏切られたと感じてしまうでしょう。

まとめ

責める顔をしている猫

猫との『信頼関係』が壊れる行動とは?絶対しちゃダメなこと4つについてお伝えいたしました。

猫との関係が崩れるような事をしていませんでしたか?

猫は「我慢強い動物」と言われます。

しかし、この我慢強い猫たちから信頼されなくなるという事は、相当な原因が存在していることは間違いありません。

猫との信頼関係を大切に過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク