『ツンデレ猫』に懐いてもらう方法とは?試したい4つの事

『ツンデレ猫』に懐いてもらう方法とは?試したい4つの事

ベッタリ甘えてきたと思えば、急にどこかに行ってしまう…。猫はまさに「ツンデレ」と言えますよね。そんな自由気ままな猫ですが、せっかく家族に迎えたのだから、懐いてほしいですよね。懐いてもらうにはいったいどうすれば良いのでしょうか?試したい4つの事をご紹介します。

1195view

1.猫の生態を理解する

首を傾げる猫

猫は犬のように群れを作らず、単独で行動する動物です。

上下関係はないため、自分の気持ちのままに動くのが猫の本来の姿です。

「やりたいことをやりたい時にやる」のが基本姿勢であるため、私たちは「ツンデレ」だと感じるのでしょう。

嫌がっているのにしつこく構うと、猫はストレスを感じ、「この人は嫌なことをする人」と認識してしまいます。

嫌がる素振りを見せたら、そっと離れましょう。

猫の生態を理解し、「安心できる人」と認識してもらえれば、猫から近寄って来てくれるようになります。

2.オヤツを与えてみる

:

猫は食事の時間を何よりも楽しみにしています。

あまり懐いていない人でも、「オヤツを見せると飛んでくる」なんてこともあります。

「オヤツをくれる人」に徹すると、気を引きやすくなるかもしれません。

飼い主さんの匂いにも慣れてもらえるため、ツンデレ猫にも有効な方法と言えます。

3.猫が喜ぶ撫で方を知る

撫でられる猫

猫の柔らかな毛を見ていると、思わず触りたくなりますよね。

だからといって、力強く撫でたり、猫が嫌がる部位を触っていませんか?

猫には気持ち良いと感じる部位と力加減があります。

頭だけではなく、ヒゲ周りや顎も猫が喜ぶポイントです。

指先で優しくゆっくりと撫でてあげましょう。

猫が喜ぶ撫で方を知っていると、ツンデレな猫でも懐いてくれるかもしれません。

4.オモチャで遊んであげる

オモチャで遊ぶ猫

「遊び」は、猫のストレス解消にも繋がり、大切な日課です。

家の中でのんびり暮らしていても、猫の狩猟本能は強く残っています。

オモチャを獲物に見立て、強弱をつけて動かしたり、鳥のように上に振り上げるのも良いでしょう。

しかし、何と言っても猫はツンデレ。気分が乗らないときは、見向きもしないかもしれません。

そんなときは無理強いせず、猫が自分から寄ってくるまで、辛抱強く待ちましょうね。

また、猫によって喜ぶオモチャや遊び方は様々。

オモチャをいくつか用意し、どれを好むか観察しましょう。

「この人と遊ぶと楽しい!」と認識してもらえれば、自分から寄ってきてくれます。

まとめ

脚立に乗る猫

いかがでしたか?

「猫はツンデレ」と言われるように、飼い主さんの思い通りにならないのが猫の特性です。

それを理解した上で、少しでも懐いてもらえるよう、日頃から工夫を加えてみましょう。

猫も飼い主さんも幸せに暮らすためにも、ぜひ試してみて下さいね!

スポンサーリンク