猫も『恩義』を感じるの?飼い主に抱く5つの気持ち

猫も『恩義』を感じるの?飼い主に抱く5つの気持ち

愛猫が飼い主さんのことをどう思っているのか、気になることはありませんか?猫の心は想像したり予測するしかありませんが、きっとこんな気持ちを抱いているだろうと思われることを5つ、挙げてみました!

4097view

1.信頼

気持ちよさそうな猫

毎日身の周りのお世話をしてくれ、必要なときに愛情を与えてくれる飼い主さん。その様子を猫はじっと観察しています。危険なことをせず、自分にとっていいことばかりをしてくれる人だと判断すれば、信頼を寄せるでしょう。

母猫のように慕う場合もあります。常にそばに寄り添い、時にはだらけた姿を見せて…。信頼を寄せている人には、ワガママだっていいます。

「遊んで!」「ご飯ちょうだい」など、自己主張をするのです。そんな愛猫の気持ちを受け止めてあげると、さらに信頼関係が深まります。ぜひ深い信頼で結ばれた絆を、築いていってください。

2.愛情

ハイタッチ

そっけなく見える猫ですが、実は愛情深い生き物です。いつも一緒に楽しい時間を過ごしている飼い主さんに対しては、いつの間にか自然に愛情を抱くでしょう。それを表立って表すことは少ないかもしれません。

しかし、飼い主さんからの声かけに答えたり、ナデナデさせてくれたりするのは、愛以外の何者でもないのです。そんなさりげない様子で、愛情を伝えてくれています。

また飼い主さんと目が合ったとき、ゆっくりまばたきをするのは「好き」というサインです。お返しすると、お互いに愛を与えあえます。愛猫とのほっと心温まる時間を、過ごしてください。

3.甘え

撫でられる猫

猫は飼い主さんに甘えを抱きます。でろ〜んとお腹を見せてきたり、上に乗ったりしてきませんか?そんなときは、飼い主さんに甘えているのです。

自分を受け止めてもらえると思っていて、信頼している証拠でもあります。猫が甘えてきたときに十分甘えさせてあげると、甘えん坊猫に育ってくれるでしょう。

4.猫だと思っている?

抱っこされる猫

猫は飼い主さんのことを「大きな猫」だと思っている、と言う動物行動学者がいます。犬は人と犬に対する態度が違いますが、猫はそうではないというのです。

猫は人と猫を区別しておらず、同族と同じ接し方をします。つまり、「猫だと思っているのでは?」という結論になるのです。やたらと体の大きな猫、と思っている可能性があります。

この考え方からいくと、飼い主さんに抱く感情は「仲間意識」ではないでしょうか。ちょっと体は大きいけれど、仲のよい仲間の猫だと思っていると考えられます。だから遠慮なく乗ってきたり、ペロペロと舐めてきたりするのでしょう。

5.疑惑

疑っている猫

まだ信頼関係が構築されていないときは、飼い主さんに対して疑惑の気持ちを持つことがあるでしょう。家に迎えてすぐは人にも環境にも慣れず、「今から自分はどうなってしまうのだろう」という不安に押しつぶされそうになっています。

何を言っているかわからないけど、やたらを声をかけて働きかけをするこの人は、「一体何者なんだ?」「危険じゃにゃいのか?」、そんな疑惑が猫の頭の中をよぎっているに違いありません。

しかし、優しく接してくれる飼い主さんに対し、日を追うごとに信頼を抱いていきます。完全に心を許せば、甘えん坊猫の出来上がりです!

まとめ

マロンくん

猫は飼い主さんにさまざまな気持ちを抱きます。タイトルにある「恩義」を感じるかは分かりませんが、亡くなるときに感謝を伝えてくれる、という話も。

愛猫がどのような気持ちを抱いていたとしても、飼い主さんの気持ちをたくさん伝えてあげてください。きっとそれは、伝わります。

スポンサーリンク