猫が『飼い主の顔の近く』で寝るのはなぜ?4つの理由

猫が『飼い主の顔の近く』で寝るのはなぜ?4つの理由

愛猫と一緒に寝ている飼い主さんも多いのではないでしょうか?しかも、顔の近くで寝てくれたら、幸せな気持ちになりますよね。「気まぐれ」と言われる猫が、飼い主さんの顔の近くで寝るのはいったいなぜなのでしょうか?

3792view

1.子猫気分が抜けない

顔の近くで寝る猫

猫は子猫時代、母猫の温もりに包まれて眠りにつきます。

そして、家の中で飼い主さんと暮らしている猫は、成長しても飼い主さんを母猫のように慕います。

飼い主さんの顔の近くで寝るのは、子猫気分が抜けていないのかもしれません。

母猫にくっついて眠るように飼い主さんに密着したいのでしょうね。

2.甘えている

撫でられる猫

猫は飼い主さんに甘えたいとき、顔の近くで寝ることがあります。

母猫に毛繕いをしてもらったように、飼い主さんに撫でてもらえるとわかっているのでしょう。

喉をゴロゴロと鳴らしたり、顔をすり寄せてきたら、飼い主さんに甘えきっています。

頭や顔回りを優しく撫でてあげると喜ぶでしょう。

3.飼い主さんを信頼している

布団で眠る猫

猫は縄張り意識が強く、猫同士であっても距離感を大切にする動物です。

猫には4つの距離感があり、一番近い距離が「個人的距離」で、仲の良い猫や信頼している飼い主さんだけが入れる距離です。

そんな猫が飼い主さんの顔の近くで寝るというのは、飼い主さんを信頼している証と言えます。

4.飼い主さんの寝相が悪い

猫と寝る女性

いつも飼い主さんと一緒に寝ている猫が、突然顔の近くで寝るようになった場合は、飼い主さんの寝相が悪いのかもしれません。

足元で寝ていて蹴られたり、飼い主さんが寝返りしたときに踏まれた経験があり、顔の近くが安全だと感じているのでしょう。

飼い主さんとしては、複雑な気持ちになるかもしれませんが、愛猫が顔の近くでスヤスヤと眠る姿には癒されますよね。

まとめ

少年と眠る猫

いかがでしたか?

毎日のように顔の近くで寝る猫もいれば、気まぐれに来て寝る猫もいるかもしれません。

母猫に守られている感覚に近く、安心出来るのでしょうね。

飼い主さんは、母猫が子猫を守るように接すると、より絆が深まるでしょう!

スポンサーリンク