『一緒に遊びたい猫』がみせる5つのお誘い行動

『一緒に遊びたい猫』がみせる5つのお誘い行動

猫にとって「遊び」はストレス発散にも繋がり、大切な日課です。しかし、何といっても猫は気まぐれ。気分が乗らないときは、見向きもしないなんてことも…。そんな猫も、遊びたいときは飼い主さんを誘ってきます。このときが遊んであげるチャンスです。今回は、猫のお誘い行動を5つご紹介します。

1086view

1.お腹を出してクヌクネ

お腹を出す猫

猫がお腹を出してクヌクネすることがありますよね。

猫にとってお腹は命に関わる大切な部位。お腹を見せるのは、「襲われる心配がない」と確信している証拠です。

さらに、クヌクネしていたら、安心出来る飼い主さんに「遊ぼうよ!」と誘っているのです。

愛猫とのスキンシップのチャンスです。オモチャを使って遊んであげましょうね。

2.スリスリする

すり寄る猫

猫が飼い主さんにスリスリするのは、マーキングや挨拶の意味もありますが、おねだりをしている場合もあります。

飼い主さんに甘えるようにスリスリしてきたら、遊びに誘っているのかもしれません。

忙しくても短時間で良いので、一緒に遊んであげましょう。

3.じっと見つめる

見つめる猫

ふと気づくと、愛猫の視線を感じることはありませんか?

飼い主さんが慌ただしくしていると、騒ぐことなく、ただじっと見つめるのです。

これは飼い主さんに何かを要求しているときです。

一緒に遊びたくて、アピールしているのだと思いますが、なんとも健気な行動ですよね。

4.オモチャを持ってくる

オモチャを咥える猫

猫がオモチャを咥えて持ってきて、飼い主さんのそばにポンと落とすことがありますよね。

そのオモチャで遊んで楽しかったことを覚えているのです。

「またこのオモチャで遊ぼう!」と飼い主さんを誘っているのでしょう。

時間を作って付き合ってあげましょうね。

5.鳴く

鳴いている猫

猫が「鳴く」のは、一番わかりやすいアピールかもしれません。

猫の鳴き声は60種類ほどあると言われ、トーンや音の強さを変えて気持ちを表現しています。

高めのトーンで「ニャー」「ニャーン」と鳴くときは、飼い主さんに甘えているときです。

「一緒に遊びたい」という気持ちが隠されているかもしれません。

鳴いて「遊ぼう!」と誘っているのでしょうね。

まとめ

見つめてくる猫

いかがでしたか?

猫から遊びの誘いがあったら、それは絆を深めるチャンスでもあります。

愛猫からのお誘いのサインを見逃さないで下さいね!

スポンサーリンク