猫から『軽蔑』されてしまう飼い主のタブー行動4つ

猫から『軽蔑』されてしまう飼い主のタブー行動4つ

猫は人間のことをよく観察し見守ってくれています。しかし、猫に軽蔑されてしまうような行動ばかりしてしまうと、人間を嫌がるようになってしまうかもしれません。猫から軽蔑されてしまう飼い主のタブー行動について見ておきましょう。

3675view

1.しつこく追い回す

少年に怒っている猫

嫌がっているにもかかわらず追い回してしまうと、猫から軽蔑されるだけではなく嫌われます。

猫は、基本的に束縛されることを嫌がります。

もちろん、猫が人間を遊びに誘うため逃げる場合もあります。

しかし明らかに嫌がって逃げる場合は、しつこく追うのをやめましょう。

何度も追いかけ回すと、「分かってないニャ!!」と軽蔑されてしまします。

2.部屋の掃除をしない

散らかった部屋にいる猫

猫は綺麗好きですから、部屋の掃除ができない人を軽蔑してしまいます。

猫のトイレだけでも綺麗にしていれば猫は怒らないでしょう。

しかし、部屋を片付けられない人は、猫のトイレにまで気が回るとは思えません。

誤飲や誤食の恐れもありますので、猫と暮らすならば掃除をきちんとしましょう。

3.常にイライラしている

イライラしている女性と猫

仕事や人間関係のストレスを抱えて常にイライラしている人を、猫は軽蔑しているかもしれません。

猫は気持ちの切り替えが上手です。そして、自分の周りで起こっている状況もよく観察しています。

人はイライラすると、腸内バランスが崩れ、内臓に悪影響を及ぼし、脳にもストレスがかかってしまいます。

猫との楽しい生活のためにも、イライラの原因を探り解決しましょう。

4.猫に八つ当たりをする

猫に向けて指鉄砲を向ける

猫に八つ当たりする人も、猫は完全に軽蔑しているでしょう。

モフモフしたり、撫でたりして猫に癒してもらう事は問題ありません。

しかし、猫に当たり散らすのは大変に問題です。

悪いオーラを猫に持ってこないように発散させましょう。身体を動かしたり勉強をしたり、集中して嫌なことを忘れると良いです。

まとめ

こちらを軽蔑している猫

猫から『軽蔑』されてしまう飼い主のタブー行動4つについてお伝えいたしました。

猫と暮らすと、人間は健康になっていきます。それは、猫が喜んでくれること何か考えて生活を見直していくからだそうです。

猫が気持ちよさそうにしていれば、人間との生活に満足しています。

しかし、猫が寂しい表情をしたり、そばに寄ってこないときは私たちの問題です。

猫をお手本に、ぜひ充実した生活を過ごせるようにしましょう!

スポンサーリンク