猫が『信頼している人』だけにみせる仕草5つ

猫が『信頼している人』だけにみせる仕草5つ

愛猫と良い関係を築けていると思っていても、猫自身はどう思っているのでしょうか?実は、猫は全身で飼い主さんへの「信頼」を表現しています。今回は、猫が信頼している人にだけ見せる仕草を5つご紹介します。

15253view

1.顔や手を舐める

鼻を舐める猫

仲の良い猫同士が互いに舐め合っているのを見たことはありませんか?

これを「アログルーミング」と呼び、自分で毛繕いできない場所を舐めてあげているのです。

信頼関係が結ばれた猫同士に見られる行動で、飼い主さんの顔や手を舐める場合も「信頼しているよ」というメッセージであると言えます。

何とも可愛らしい愛情表現ですよね。

2.お腹を見せる

お腹を出す猫

猫がお腹を出してくつろいでいることがありますよね。

猫にとって「お腹」は大切な臓器がたくさん詰まった急所。

敵に襲われたら命に関わる重要な部位なのです。

そのため、警戒している相手にお腹を見せることはありません。

もしお腹を見せてくれたら、信頼されている証と言って良いでしょう。

しかしそこで、つい触りたくなってもお腹を触ってはいけません。

せっかくの信頼関係が壊れてしまう可能性もあります。そっとしておいてあげましょうね。

3.フミフミする

膝の上に乗る猫

「フミフミ」とは、猫が前足を交互に動かす仕草のことを言います。

母猫のお乳の出を良くするために、子猫が母猫に対して行う仕草です。

成長して乳離れをしても、信頼している相手には「フミフミ」をすることがあります。

飼い主さんに抱っこされているとき、無心で飼い主さんのお腹を「フミフミ」するのは、子猫気分で甘えているのでしょうね。

4.顔の近くで寝る

猫と眠る女性

基本的に猫は添い寝をしない動物と言われています。

しかし、甘えん坊気質の猫や寒い時期など、飼い主さんと一緒に寝たがる猫もいます。

そして、猫が寝る場所で、飼い主さんへの信頼度がわかると言われています。

顔の近くで寝る場合は、飼い主さんを母猫のように慕い、甘えている証拠。

母猫が毛繕いをしてくれたように、心地良く感じる顔回りを飼い主さんが撫でてくれるとわかっているのかもしれませんね。

顔の近くで寝るのは信頼されている証と言ってよいでしょう。

5.お尻を向けて座る

お尻を向けて座る猫

愛猫が近づいて来たと思ったら、お尻を向けられた!なんて経験はありませんか?

「お尻を向けるなんて失礼な!」と思ってしまいますが、実はこれは信頼している相手にだけ見せる仕草。

お尻を向けて背後から襲われたら、致命傷を負いかねないですよね。

「この相手は絶対に襲わない」と確信しているからこそ、お尻を向けることができるのでしょう。

信頼されているからこその仕草ですので、「嫌われているの?」なんて心配は無用です。安心して下さいね。

まとめ

お腹を見せる猫

いかがでしたか?

猫と暮らしていると、猫は自分のことをどう思っているのかと心配になることがありますよね。

上記のような仕草が見られたら、信頼されている証拠です。

愛猫とのより良い暮らしのためにも、ぜひさらなる信頼関係を築いていって下さいね!

スポンサーリンク