『添い寝したい猫』がするアピール方法4つ

『添い寝したい猫』がするアピール方法4つ

猫と暮らしていると、モフモフな添い寝に憧れますよね!もしも、猫から「寝たい!」と行動で示してもらえれば、至福の喜びでしょう。それでは、猫からのアピールを見てみましょう。

1699view

1.先に寝て待っている

寝ている猫の横に寝る人

猫が人間と一緒に眠りたい場合、先にベッドや布団で寝て待っているでしょう。

これは一番わかりやすいアピールの仕方かもしれません。

人間が寝ようとするタイミングを見計らうように、布団を暖めて待ってくれています。

とはいえ場合によっては人間の都合などお構いなしに、自分の好きな場所へデーンと寝そべっているかもしれません。

こんな時は、猫を踏まないように気をつけて、起こさないようにすることが大切ですね。

2.「寝ようニャ〜」と鳴く

男性の側に寄る猫

一緒に眠りたい猫は、就寝時間が近づくと「寝ようニャ♪」と可愛く鳴いて誘ってきます。

人間のライフスタイルをよく分かっている猫は、いつも寝ている時間を私たちに教えてくれます。

遊んでいても仕事をしていても、猫時計を無視することはできませんよね。

猫に添い寝をしてもらえば、気持ちよく熟睡できて、溜まった疲れも吹き飛んでしまいそうです。

3.邪魔猫アピール

読書中の女性の膝に乗る猫

猫からの積極的なアピール方法として、言葉以外に邪魔猫をして寝ようと訴えてきます。

パソコンをしていれば、キーボードの上や目の前に姿をあらわします。

もしかしたら、強引に手の上に頭を乗せてくるかもしれません。

立ち上がって動けば、ストーカーのようについてくることもあります。

しかたなく諦めて「寝ようか?」とこちらから言えば、猫はとても喜ぶのではないでしょうか。

4.布団の中に入ってくる

女性の上に乗っている猫

人間が気持ちよさそうに眠っていると、添い寝をしたい猫は潜り込んでこようとします。

猫が人間と添い寝をしたい理由は、人の体温で暖を取りたいからのようです。

寒い日は、特に布団をツンツンして「入れてニャ〜〜〜」とアピールをしてくるでしょう。

熟睡して気がつかない時は、いつの間にか身体にくっついて寝ているかもしれません。

ただし、寝相の悪い人の側では、添い寝したい猫もなかなか一緒に眠れないようですよ。

まとめ

一緒に眠る猫と少女

『添い寝したい猫』がするアピール方法4つについてお伝えいたしました。

どのアピール方法も猫らしいですね!

ただし猫の性格も様々ですから、決して添い寝アピールがなくてもガッカリしないでくださいね。

一緒に眠ってくれなくても、絶対に側にいたいと思ってくれていますよ。

スポンサーリンク