猫の『0円で作れるおもちゃ』5選♡家にあるもので超簡単に制作!

猫の『0円で作れるおもちゃ』5選♡家にあるもので超簡単に制作!

猫の暮らしに欠かせない「おもちゃ」。しかし、買っても使ってくれなかったり、すぐに壊されてしまったりと悩む飼い主さんも多いはずです。本記事ではそんな飼い主さんのために、家にあるもので簡単に作れるおもちゃを紹介します。

1625view

1.丸めただけボール

毛糸ボール

猫の0円おもちゃで一番お手軽なのが、丸めただけのボールでしょう。丸める素材はチラシやアルミホイルなどでOK!とても簡単にできてしまいます。カサカサと音がなるビニール袋を好む猫は多いため、結ぶなどしてあげてもよいでしょう。

投げればきっと、食いついて遊んでくれるはずです。軽いので前足でのちょいちょいにも、よい反応を示します。

しかし、気をつけたいのが、誤飲です。遊びがエスカレートしてくるとおもちゃではなく本物の獲物と勘違いしてしまうことがあるため、誤って食いちぎるなどして飲み込んでしまわないように注意してあげてください。

遊び終わったボールを放置しておくのは危険なので、必ず猫の手が届かない場所に片付けましょう。

2.段ボールハウス

きゅうきゅうに詰まる猫

猫は段ボールが大好きです。飼い主さんの荷物が届くと、すかさず空いた箱に入り込むのは猫あるあるでしょう。その性質を利用し、使わない段ボールで猫ハウスを作ってあげると喜びます。

いくつか重ねたり適当に穴を開けたりしてみると、きっと愛猫のお気に入りスペースとなるはず。手軽にできてしかもお金もかからない、大変便利なおもちゃとなります。

もし愛猫が遊んでボロボロになってしまったら、また新たな段ボールで作り直せばよいのです。前回の反省点を反映すれば、より高度なハウスができます。

3.袋放置

袋に入る猫

紙袋や宅急便の袋をそのまま広げ、床に放置も手軽なおもちゃとなります。猫はその中に入り込んで遊ぶのです。わざわざ飼い主さんが誘導しなくても、勝手に入ってくれるでしょう。

突如として現れた隠れ家に、喜んでくれるはずです。しばらく満喫した後はもしかしたらもう使わないかもしれませんが、束の間のお遊びスペースとなります。ぜひいらない袋があったら、その都度床に放置してあげましょう。

注意点として、紙袋などは持ち手の部分が首に引っかかってパニックになり、怪我をすることがあるので、切っておくと安心です。

4.知育おもちゃ

顔をつっこむ猫

猫が転がすと開いた穴からご飯やおやつが出てくる「知育おもちゃ」。買うとコストがかかりますが、飼い主さんが家にあるもので手作りすれば0円で制作可能です。

綿棒の空きケースやペットボトルなどで作ってあげましょう。中に入れるご飯やおやつの大きさに合わせ、適度に穴を開けます。転がしたときに中身が出るように調整してください。

食いしん坊な猫なら、飛びつくはずです。1匹遊びができるため、忙しいときなどは飼い主さんも助かります。

5.靴下けりぐるみ

けりぐるみ

穴が開いてしまったりボロボロになってしまった靴下を改良し、愛猫のけりぐるみとして再利用する方法もあります。重ねて丸めるだけでもよいですし、少し懲りたければ中に綿などを入れて縫ってあげてください。

愛猫の体のサイズに合わせてもよいですね。抱っこしてけりけりできる大きさにすれば、きっとお気に入りのけりぐるみになるでしょう。

まとめ

マロンくん

猫のおもちゃは買うとなかなかのお値段のものもあります。しかし、飼い主さんが家にあるもので手作りをすれば、0円で制作可能です。もし壊れても惜しくはなく、エコでもあります。

電動タイプは作るのが難しいかもしれませんが、ボールやけりぐるみなど簡単なおもちゃなら手軽に作れます。ぜひ愛情を込めて、作ってあげてください。

スポンサーリンク