『抱きついてくる猫』が考えていること4つ

『抱きついてくる猫』が考えていること4つ

猫が腕や体に抱きついてくることがありますよね。嬉しい反面、突然のことに戸惑う飼い主さんも多いかもしれません。それでは、抱きついてくるとき、猫はどんなことを考えているのでしょうか?

4600view

1.構ってほしい

足元に抱きつく猫

猫は自分の気持ちで動く動物です。

気乗りしないときは、飼い主さんが遊びに誘っても知らんぷり、なんてこともあります。

しかし、構ってほしいときには、全身で「構って!」アピールをします。

飼い主さんにちょっかいを出して、気を引こうとしているのです。

「忙しいときに限って!」なんてこともありますが、出来る限り受け止めてあげましょうね。

2.甘えたい

抱っこされる猫

猫は子猫時代、母猫やきょうだい猫とぴったりくっついて眠りにつきます。

そんな子猫時代を思い出して、母猫代わりの飼い主さんに甘えたいのでしょうね。

スリスリと顔や体を擦りつけたり、「ニャオ♪」と可愛らしい声で鳴くのは甘えたい証拠。

子猫気分で飼い主さんに抱きついてくるのでしょうね。

3.不安

肩に抱きつく猫

猫の中には、極度に甘えん坊や寂しがり屋の猫がいます。

飼い主さんの姿が見えなくなるだけで不安になり、鳴いたり探し回ったりすることがあります。

そして不安でいっぱいになった猫は、「行かないで!」と言わんばかりに、飼い主さんに抱きついてくるのです。

4.獲物だと思っている

腕に噛みつく猫

猫は、動く物を目で追い、捕まえようとする習性があります。

飼い主さんが動かす指に反応したり、ひらひらと揺れる髪の毛や洋服に興味を示すこともあります。

動く物を獲物だと思い、思わず飼い主さんに抱きついてしまうこともあります。

猫の狩猟本能にスイッチが入った瞬間と言ってよいでしょう。

あまりにも勢いよく抱きついてくると、飼い主さんがケガをしてしまう可能性があります。

オモチャを上手に取り入れて遊ぶ時間を作ってあげましょう。

まとめ

腕に顔を乗せる猫

いかがでしたか?

抱きついてくる猫が考えていることを4つご紹介しました。

いずれにしても、飼い主さんを信頼しているからこその行動です。

あまりにも頻度が高い場合は優しく引き離すことも大切ですが、思う存分付き合ってあげた方が良いでしょう。

愛する猫の気持ちを読み取り、さらに絆を深めて下さいね!

スポンサーリンク