猫が『背中』を向けている時の心理5つ

猫が『背中』を向けている時の心理5つ

いままで顔を向けてくれていた愛猫がふいに背中を向けてきたら、少し寂しい気持ちになるかもしれません。「もしかして、嫌がられてしまったの?」と思ってしまうでしょう。なぜ猫が背中を向けてくるのか、その心理を探ってみましょう。

10784view

1.信頼している

猫の背中

愛猫に背中を向けられると「嫌がられているのかな?」と思ってしまいがちです。でも実は、信頼しているからこそ行っている行動だといわれています。

背中は猫が前を向いていたら見えない場所です。体が柔らかいので顔を向ければ余裕で見えますが、いつも後ろばかりを向いているわけにもいかないでしょう。そのため、背中を向けるのは実は無防備な体勢なのです。

そこをあえて飼い主さんに向けてくるというのは、信頼しているからこそ。背中を見せても危険がないという判断があるので取れる行動なのです。

2.飼い主さんを守っている

守備

猫が背中を向けているのは飼い主さんの盾となり、守っているという説もあります。果たして猫がそこまで献身的かどうかは、多少の疑問は感じますが…。

猫にとって飼い主さんが子猫のような存在であれば、考えられなくはありません。母猫は、子猫を身を呈して守ります。それと同じように、いざとなれば飼い主さんを守り抜こうと考えているのかもしれません。

筆者宅の猫は、筆者がお風呂に入っているときたまに心配そうにドアの外で待ってくれていることがあるので、「飼い主を守ろう」という心理が全くないともいえないでしょう。

3.距離を取りたい

一人にしてにゃ

猫が飼い主さんから遠い場所で背中を向けているときは、少し距離を取りたいと考えている可能性があります。猫は気分屋なので、さっきまで飼い主さんにベタベタしたと思っていても急に気分が切り替わることは珍しくありません。

誰にも邪魔されず気ままに毛づくろいをしたりボ〜ッと過ごしたりしたくて、少し遠い場所で飼い主さんに背を向けていることがあるので愛猫の気持ちを察してあげましょう。

4.撫でてほしい

撫でて

撫でてほしいときは飼い主さんのそばに来て、背中を向けます。わざと撫でないとこちらを見上げて「にゃ〜ん」と鳴くなど、筆者宅の猫もよくやる行動です。

ある程度の時間を愛猫とすごしていると、なんとなく何を求めているのかがわかってきます。猫の方から「撫でて」と言ってきたときは撫でてあげるのがベストです。飼い主さんとの触れ合いができ、満足してくれるでしょう。

5.安心している

安心

背中を向けつつ飼い主さんにくっついてくるときは、猫が安心していると判断してよいでしょう。

また、猫同士がくっついて猫団子になっている状況と同じで、体をくっつけていると温かいという理由もあります。

まとめ

虎くん、景くん、姫くん

猫が飼い主さんに背中を向けているときは、ネガティブよりむしろポジティブな気持ちの方が多いようです。愛猫からの信頼を大切にして、上手にコミュニケーションをとっていきましょう!

スポンサーリンク