猫も『孤独』を感じる!5つの仕草・行動

猫も『孤独』を感じる!5つの仕草・行動

猫は孤独を感じるのでしょうか?実は、人間と暮らす猫は寂しさを知っているようです。猫の行動から寂しくなるポイントを探ってみましょう。

7136view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.じ〜っと見ながら瞬きをする

瞬きをしている猫

瞬きは猫の挨拶と言われています。

ゆっくりと人間に向かって瞬きしている時は、挨拶と共に猫が大好きだよと我々にアピールをしています。ただし、構ってほしいなと少し寂しい気持ちになっている可能性があります。ぜひ、猫と同じように瞬きでお返しをしてあげましょう。

2.近くに寄ってくる

近くに寄って見上げる猫

人間のそばに寄ってくる時は、猫も寂しさを感じているのでしょう。

独りで寝ていたのかと思うと、突然テーブルに飛び乗ったり体にスリスリをしてくる事があります。猫からの寂しいというアピールですから、しっかりと撫でたり声がけしたりして、構ってくださいね。

3.見えない所から鳴いている

上の方で鳴いている猫

姿の見えない場所や高いところから鳴く時は、猫が孤独を感じているようです。

訴えかけるように鳴く少し大きめで切ない声が印象的です。積極的に寂しいアピールしている猫の様子ですから、声がけをしたり追いかけっこやおもちゃなどで誘って遊んであげましょう。

4.目が合うと小さく鳴く

近くにきて見上げる猫

こちらを見ながら小さめに鳴く時も孤独を感じているようです。

手の届く範囲にいて、大好きな人の行動も観察しています。寂しさから人間が動くと猫も動く可能性が高いでしょう。タイミングをみながら、こまめに撫でたり、話しかけたりすると猫も安心します。

5.離れている物へのスリスリ

パソコンへスリスリする猫

人間が見ている中、猫が遠くにある物にスリスリしている時はちょっと寂しさを感じています。

直接近くには来なくても、猫からの甘えたいアピールです。名前を呼んだり、声がけをしてコミュニケーションを行ってください。こちらに来ない時は、人間の方から猫の側に行ってみてくださいね。

まとめ

キャットタワーで寂しそうな猫

猫も『孤独』を感じる!5つの仕草・行動についてお伝えいたしました。

猫もそれぞれに性格が違います。特に積極的なタイプと控えめなタイプでは行動パターンも違ってきます。愛猫の性格は一緒に暮らす人間が一番理解しているでしょう。愛猫の行動や仕草から、気持ちを読み取れるようになれたら良いですね!

スポンサーリンク