猫が腕で眠るのはなぜ?4つの意味

猫が腕で眠るのはなぜ?4つの意味

愛猫が枕元にやってきて、飼い主さんの腕の上で寝始めたなんて体験をした飼い主さんも多いのではないでしょうか?飼い主さんにとっては至福のひとときですよね。それにしても猫はなぜ飼い主さんの腕で眠るのでしょうか?今回は、その意味を4つご紹介します。

1765view

1.甘えている

猫と眠る少年

猫は子猫時代、母猫にピッタリと寄り添い眠ります。

母猫に甘えていた気持ちを思い出し、飼い主さんに甘えているのでしょう。

飼い主さんの匂いを感じることが出来る腕枕は心地が良いのでしょう。

ゴロゴロと喉を鳴らしながら甘える様子は何とも愛らしいですよね。

2.暖かいから

腕枕で眠る猫

長毛種やダブルコートの猫種など一部を除いて、多くの猫は寒さが苦手なようです。

日が当たる日中は、日向ぼっこをして体温を上げることが出来ます。

しかし、気温が下がる夜は、単に暖をとるために飼い主さんの腕の上で眠ることがあります。

飼い主さんにくっついて眠れば暖かいと身をもって知っているのでしょうね。

3.飼い主さんが大好きだから

猫と眠る少女

愛猫と布団で一緒に寝ている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

猫が布団のどの場所で眠るかで飼い主さんへの信頼度がわかると言われています。

飼い主さんの顔に近いほど信頼度が高く、腕枕で眠るのは飼い主さんへの親愛の証であると言えます。

優しく撫でたり声を掛け、愛猫の愛情に応えてあげましょうね。

4.自分の匂いをつけるため

腕枕で眠る猫

帰宅したとき、飼い主さんの足元に愛猫がスリスリすることがありますよね。

これは外出先で自分の知らない匂いを付けてきた飼い主さんに対して、自分の匂いを上書きしているのです。

この行動と同様に、飼い主さんの腕で眠るのは自分の匂いを付け、飼い主さんは自分の物だと主張しているのでしょうね。

まとめ

腕枕で眠る猫

いかがでしたか?

愛猫が飼い主さんの腕で眠るのは、飼い主さんを信頼し、安心している証拠です。

しかし、熟睡出来ないと悩む飼い主さんもいるかもしれません。

途中で腕が疲れたときのために、猫用の枕をあらかじめ用意しておき、すり替えるのも1つの方法です。

猫も飼い主さんも快適に眠れるよう工夫をしながら、絆をさらに深めて下さいね!

スポンサーリンク