猫が密かに『不満』を抱いている5つのこと

猫が密かに『不満』を抱いている5つのこと

愛猫と言葉を交わせたら、どんなに助かるでしょう。たとえ不満を抱いていたとしても、それが人間にはわからない場合があります。猫が不満をためがちな項目を5つ、挙げてみました。ご参考になれば幸いです!

1013view

1.撫で方がイマイチ

撫でるの下手なんだよ

「撫でてくれるのは嬉しいけど、撫で方がイマイチにゃんだよね…」こんな不満を抱えている場合があるかもしれません。猫には気持ちのよい撫で方や場所があります。それらをムシしてただ闇雲に撫でているだけでは、不満をつのらせてしまうでしょう。

猫が喜ぶのは、優しい撫で方です。あまりにガシガシしてしまうと嫌がってしまうでしょう。

また喜ぶ体の部位は顔まわりや背中などです。しっぽや足先、お腹などは敏感なため、大抵嫌がられます。猫が自ら飼い主さんにこすり付けてくることの多い部分を重点的に撫でてあげましょう。

2.おやつが少ない

おやつこれだけ?

大抵の猫はおやつが大好きです。目にしただけでも近寄ってくる猫は少なくないでしょう。

嗜好性高く作られているため、猫が好きなのもムリはありません。ただ栄養バランスがよいとはいえないのです。そのため、猫の肥満を増長してしまうので与えすぎはNGです。

ですが当の猫は「もっとおやつが食べたい!」と思っているかもしれません。ですが要求通りに与えてしまうのは考えものです。1日の規定量を守って与えるようにしましょう。

そして猫が食べたおやつのカロリー分をご飯から差し引くようにすると、肥満予防になります。しっかりとルールを決めつつ、愛猫がおやつを楽しめるようにしてください。

3.遊んでくれない

あそべにゃ

遊びが大好きな猫は多いです。1匹遊びもよいけれど、やはり飼い主さんが動かしてくれるおもちゃで遊ぶのは、とても楽しいと思っているでしょう。

でも忙しくてなかなか時間をとってもらえなかったら、不満をためてしまうかもしれません。しかたのない部分があるとはいえ、1日1回は一緒に遊びたいところ。5分程度でもよいので、遊んであげましょう。

猫の不満解消になりますし、絆も深まります!

4.自由にさせてもらえない

自由がにゃい…

猫はマイペースで自由な生き物。拘束されたり強制されたりするのは好みません。自由に動けないとなると、ストレスをためてしまうでしょう。

体のお手入れや動物病院の受診などで必要があるとき以外は、好きなように動けるようにしてあげましょう。それが愛猫の健康維持にとっても大切となります。

5.トイレが気に入らない

トイレが…

トイレにこだわりがある猫は多いよう。猫砂の種類やトイレの形状、置き場所までこだわりポイントは多岐に渡るでしょう。清潔度合いも重要です。

いくらお気に入りのトイレでも、排泄物がそのままで汚ければ不満に感じてしまうでしょう。猫のトイレはいつも清潔に保つ努力が必要です。

不満があると排泄を我慢してしまったり、粗相したりしてしまいます。お互いに困る結果となりますので、愛猫が気に入るトイレを用意してあげましょう。

まとめ

文句がありそうな猫たち

猫の不満がたまるとストレスとなって体調を崩してしまう可能性があります。たかが不満と言っていられないのです。

愛猫の健康を守るためにも、気をつけてあげてください。それが飼い主としての務めです。

スポンサーリンク