死別した愛猫を心配させる飼い主の行動4つ

死別した愛猫を心配させる飼い主の行動4つ

生と死は表裏一体で、生きていれば必ず死が訪れます。人間と猫の寿命を比較すると、当然猫の方が短いです。自分が生きている以上、いつかは愛猫とお別れをしなければなりません。

2372view

1.後悔が多く頭をよぎってしまう

青い空に浮かぶ猫のシルエット

(あれをしてあげれば、これをしてあげれば…)と思い悩んでいると、愛猫が心配してしまいます。

愛猫は、私たち人間が一生懸命にお世話をしてくれたことを理解し、感謝しています。

猫と人間との間柄はそれぞれのペアによって違います。

そして、猫と一緒に過ごしてきたすべての瞬間が、素敵な1ページとして思い出に残っている事でしょう。

精一杯過ごしてきた日々を後悔することはありません。

2.長い期間、外へ出ることができない

明るい街並みと道路

日常生活になかなか戻れないと、愛猫が心配してしまいます。

愛猫との別れを考えてしまい、なかなか日常生活に戻ることはできないでしょう。

しかし数ヶ月、数年と外出できない精神状態が続くと愛猫も安心する事ができません。

期間を決めることはできませんが、日々の生活を取り戻すことも大切です。

3.猫の話題には触れる事ができない

4枚の猫の写真

今まで猫の話をしていた友と、話せない期間が長ければ愛猫に心配されてしまいます。

死別した直後に他の猫の話題に触れることは難しいと思います。

しかし、猫と暮らしている友人たちの存在が心の支えになってくれます。

喋りたい気持ちになったり、少しだけ気持ちが落ち着いたならば、愛猫の思い出話をたくさん聞いてもらいましょう。

4.他の猫を家族に迎えられない

外で子猫を抱いている少女

他の猫を可愛いと思えないと、愛猫も心配でたまらないでしょう。

猫という動物を、虹の橋を渡った愛猫もぜひ可愛がって欲しいと思っているに違いありません。

また、ここの家族の猫として迎えてもらいたくても、猫を受け入れる心が人間に整っていなければ愛猫は戻ってくる機会を得る事ができません。

まとめ

天使になっている猫

死別した愛猫を心配させる飼い主の行動4つについてお伝えいたしました。

猫は、赤いご縁に引かれて猫の神様が私たち人間の元へ送り届けてくれるそうです。

そのためでしょうか、いつも一緒に暮らす人間の事を猫たちはしっかりと見ています。

いつか必ず訪れてしまう猫との別れの瞬間をお互いに穏やかに過ごせるように、愛猫との日々を大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク