猫が『幸せな気持ち』になる飼い主の行動4つ

猫が『幸せな気持ち』になる飼い主の行動4つ

一緒に暮らす人間の行動によって、猫が幸せを感じる大きさにも変化があるようです。今後愛猫にさらに沢山喜んでもらうためにも、改めて自分の行動を見直してみませんか。

1807view

1.スキンシップをしてくれる

女性と猫

人間とのスキンシップを楽しみにしている猫は多いでしょう。

猫は勝手者と言われていますが、人間との時間をとても大切にしています。

猫が望む時に撫でたり触ったりスキンシップを行えると、より幸せな気持ちになってくれるようです。

猫の性格にもよりますが、タイミングよくスキンシップを終わらせると幸せな気持ちが長引くようです。

2.トイレを綺麗にしてくれる

掃除をする手を見る猫

自分の身の回りのお世話をしてくれると、猫は大変嬉しくなるようです。

特に、猫にとって大切な場所であるトイレ環境はポイントです。

人間がトイレの排泄物を片付けたり、全体を水洗いして清潔にしたりする様子を見るだけでも、猫は幸せになっているようです。

自分自身を構ってくれているように感じるのかもしれませんね。

3.ご飯やおやつをくれる

開けた缶詰の匂いを嗅ぐ猫

やはり、空腹を満たしてもらうと幸せになれるでしょう。

一緒に暮らしている猫は、人間がご飯を用意して出さなければ食べられません。

可愛くおねだりをしてご飯が出てくるという流れも、猫にとっては幸せの一部分なのでしょう。

ただし、食べ終わった後の猫はさっさと冷静さを取り戻します。

4.一緒に遊んでくれる!

おもちゃを操る女性と猫

おもちゃや追いかけっこをして遊んでくれる人間にも幸せを感じるようです。

家の中で暮らしている猫は、外での暮らしを経験している猫より刺激が少ないのでしょう。

キャットタワーや一人で遊ぶおもちゃなどでもじゅうぶん楽しむ事はできます。

しかし、反応が変化する人間との遊びが最高と思っている可能性はあるでしょう。

まとめ

抱かれる猫

猫が『幸せな気持ち』になる飼い主の行動4つについてお伝えいたしました。

猫に喜ばれる行動、いかがでしでしょうか?

人間と猫のペア、全てがそれぞれに違うでしょう。

長く生活を共にすると、お互いの気持ち良い部分が分かってきます。

しかし、分かりすぎるとかえっておざなりになる事もあるかもしれません。

日々ちょっとだけ新鮮な行動をプラスして、より充実した猫との生活を満喫してくださいね!

スポンサーリンク