猫が『そばを離れたくない』時にする仕草4つ

猫が『そばを離れたくない』時にする仕草4つ

甘えん坊、ツンデレなど、猫の性格も色々違います。しかし、人間と離れたくないときにする行動はどの猫も似ているようです。それでは猫の可愛い姿を見ていきましょう。

2527view

1.行く先々で塞ぐように寝転がる

お腹を出して甘える猫

出かける人の前でハニートラップを仕掛ける猫は、(そばを離れたくない)と思っているでしょう。

本当に忙しい時に限って可愛い姿をしてくれる猫たち。この可愛い罠を目の前にすると、触れずにはいられません。

しかし、うっかり罠にはまってそんなことをしていたら出かける時間に間に合わず、遅刻になってしまう危険性が…!

とはいえ、憎めない猫の甘えた仕草です。

2.人間に触れながら寝てしまう

人間の手を掴みながら寝る猫

人間の身体に触れて眠ってしまう時も、そばを離れたくない猫のサインです。

ソファに座っていれば隣にくっつくように眠り、作業中は机の上の手に乗ってくるでしょう。

膝が好きな猫は、人間が動けないように膝の上を陣取るかもしれません。

猫が身体の一部分を人の身体に触れさせて眠っているときは、とにかく一緒にいたいということなのです。

触れるだけではなく、手や足を優しく掴んでくる事もあるでしょう。

3.目で動きを見守っている

じっと見てくる猫

猫が目線を送っている時は、離れたくないと思っているでしょう。

野生の動物は、お互いに目線を合わせません。それは、目を合わせると喧嘩を売っていることと同じになってしまうからです。

ただし家の中で暮らしている猫たちは、人間に対する目の効力をよく知っています。

要求があり、甘えるタイミングを逃さないように、(離れたくないな)と目で追っているのかもしれません。

4.ずっと後を追いかけてくる

歩いて近づく猫

ストーカー猫になっている時も、勿論人間と離れたくないと思っています。

眠る時も一緒、人間が動けば猫も動き、歩けば後をついてきます。

トイレもお風呂も一緒に入る、もしくは外で出待ちをしています。

あまり遅いと、ドアの外でギャーギャー鳴きわめく事もあるでしょう。

まとめ

少年の上で寝てしまう子猫

猫が『そばを離れたくない』時にする仕草4つについてお伝えいたしました。

一緒に長く暮らしていくと、猫もどんどんと素のままで行動するようになります。

どうしても性格的に、離れたくない気持ちをじょうずに表現できない猫もいるかもしれません。

そんな場合は愛猫のちょっとした仕草から気持ちを読み取って、さらに絆を深めていってくださいね。

スポンサーリンク