『抜け毛』が少ない猫・多い猫の品種7つ

『抜け毛』が少ない猫・多い猫の品種7つ

猫と暮らしていると、猫の抜け毛問題は切っても切り離せないでしょう。掃除が大変になるため、「出来れば抜け毛が少ない猫がいいなぁ」と考える方も多いかもしれません。猫の抜け毛の量は、種類によって大きく異なります。今回は、抜け毛が少ない猫と多い猫の品種をご紹介します。

1277view

1.抜け毛が少ない猫の品種

猫の抜け毛

猫の抜け毛の量は、「毛質」と「毛の長さ」が関係しています。

まず、猫の毛質は「シングルコート」と「ダブルコート」の2種類に分けられます。

シングルコートは張りのあるしっかりとした「オーバーコート」と呼ばれる毛で覆われています。

反対にダブルコートは、柔らかく密度の高い「アンダーコート」の上に、オーバーコートの毛が生えています。

ダブルコートの猫は、春と秋の換毛期に毛がたくさん抜けるため、シングルコートの猫より抜け毛が多いと言えます。

さらに、短毛種よりも長毛種の方が抜けた毛の量が多く感じられるでしょう。

それでは、抜け毛が少ない猫の品種をみていきましょう。

1.アビシニアン

アビシニアン

アビシニアンは、活発で甘えん坊、人によく懐くのが特徴です。

ダブルコートなので、換毛期は抜け毛が増えますが、少ない猫種と言ってよいでしょう。

2.シンガプーラ

シンガプーラ

シンガプーラは猫種の中でも最小と言われていますが、筋肉質で運動量が多いのが特徴です。

被毛はとても短く、シングルコートであるため、抜け毛は少なくお手入れもしやすい品種です。

3.ベンガル

ベンガル

ベンガルは、ワイルドな見た目とは裏腹に穏やかな性格です。

シングルコートで短めの被毛であるため、抜け毛少ない品種と言えます。

4.ロシアンブルー

ロシアンブルー

グレーの美しい被毛と、グリーンの瞳を持つロシアンブルー。

短毛種ではありますが、ダブルコートの猫種です。

ダブルコートとは言え、換毛期にブラッシングを行えば、抜け毛は気にならない程度です。

2.抜け毛が多い猫の品種

ノルウェージャンフォレストキャット

1.ノルウェージャンフォレストキャット

北欧の寒さから身を守るために備わった長い被毛は、しっかりとしたダブルコート。

また、柔らかくフワフワと浮遊するため、掃除が大変かもしれません。

春と秋の換毛期だけではなく、夏も抜け毛が増えるため、毎日のブラッシングが欠かせないでしょう。

2.アメリカンショートヘアー

アメリカンショートヘアー

「アメリカンショートヘアは短毛なのに、抜け毛が多いの?」と思うかもしれません。

しかし、アメリカンショートヘアーは、短毛種であるもののダブルコートの品種です。

表面の被毛は、触ると硬く感じますが、内側の被毛は細く柔らか。

そのため、とても抜けやすく、フワフワと浮遊しやすいのです。

3.スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、倒れた耳と丸い顔が特徴的な品種です。

短毛種と長毛種の2種類ありますが、ダブルコートで柔らかい毛質のため、抜け毛に悩まされるかもしれません。

まとめ

ブラッシングされる猫

いかがでしたか?

猫と暮らすには、抜け毛が付き物です。

しかし、初めて猫を飼う場合や、少しでも抜け毛が少ない猫を選びたい場合は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

日頃のブラッシングでも、抜け毛の軽減になりますので、こまめに行いましょう。

スポンサーリンク