猫との関係が深まる『理想的なスキンシップ』のコツ3つ

猫との関係が深まる『理想的なスキンシップ』のコツ3つ

猫ともっと仲良くするためには、触れ合い方を学ぶと効果的だそうです。触れ方の上手な人は猫から好かれます。それでは、猫に寄ってもらえるスキンシップについて見てみましょう。

1596view

スキンシップの効果

女性に抱かれる猫

スキンシップには人間との関係性を深めたり、健康を増進させるなど良い効果があります。

病院に行くために抱っこをする時も、スキンシップで絆が深まっていればスムーズです。

そして全身に触れることで、身体の異変にいち早く気が付く事ができ病気などの早期発見ができます。

1.猫の要求を逃さない!

パソコンにちょっかいを出す猫

猫のタイミングに合わせてスキンシップをすると大変喜ばれます。

逆に、寝ている、遊んでいる、グルーミングをしているなど集中している猫に触れると嫌がられます。

人間の触りたい時と猫が触れられたい時が重なることはとても難しいため、猫の要求に従う方が安全です。

人間の側に寄ってきた時、ニャーと鳴いてスリスリをしてきた時、ゴロンとお腹を出して寝転んだ時などがタイミングでしょう。思い切り撫でてあげましょう。

2.好かれるブラッシング

女性にブラシをされる猫

ブラッシングは猫との大切なスキンシップの時間です。

絶対に自分で舐められない場所をブラッシングすると猫から喜ばれます。

顎の下、鼻の上、おでこ、首筋、後頭部などの顔周辺がブラシをするポイントです。

肌を痛めないように、質の良いブラシやコームを使い適度な力でブラッシングをしてあげましょう。

猫が気持ち良さそうな様子をしたならば、全身にブラシを移動していきましょう。

3.嫌がる前にやめる

しっぽを叩きつける猫

程々でスキンシップをやめることで、ますます絆を深めることができます。

スキンシップのやり過ぎは猫の気持ちをイラつかせてしまいます。

猫の「やめてニャ」サインを見逃さないようにしましょう。

しっぽを地面に打ち付ける動作をした時、ニャーと抗議をするように鳴いた時はスキンシップを終わりにしなければいけません。

そのまま続けると、猫パンチを繰り出されたり噛みつかれたりします。

まとめ

顔をくっつける猫と男性

猫との関係が深まる『理想的なスキンシップ』のコツ3つについてお伝えいたしました。

猫と仲良くするためのスキンシップ、皆様は実践済みでしたでしょうか?

猫とのスキンシップは、人間の健康増進にも大きな効果を発揮するようです。

猫との触れ合いは良い事づくしです。是非とも猫に好かれるスキンシップをマスターしたいですね!

スポンサーリンク