猫は『笑顔』になる?見分け方と笑顔になっている時の気持ち3つ

猫は『笑顔』になる?見分け方と笑顔になっている時の気持ち3つ

あなたは愛猫の笑顔を見たことがありますか?笑顔と聞くとニッコリしているところを想像しますが、猫の笑顔は実はこういうものなんです!本記事を参考にあなたの愛猫だけの「とっておきの笑顔」を見つけてみませんか♪

1014view

1.ルンルン気分になっている

ウインクする猫

人間なら鼻歌混じりにスキップしたくなるような気分、と表現すると分かりやすいと思います。

この気分の時には耳としっぽをピンと立てていたり、ヒゲが上向きになっていることが多いのが特徴です。

目も大きく見開いているので「キラキラした目をしている」ように見えます。

特に耳は何か興味を惹かれる音などがするとすぐに動かしてしまうため、もし写真に収めたいのであれば一瞬のタイミングを狙うことになりますが、上手く撮れた時には愛猫の最高の笑顔を残せることでしょう!

2.リラックスしている

リラックス中の猫

リラックスしている時の猫の笑顔は「うっとりとした表情」であることが多いです。

耳はピンと立てているのではなく少し左右に倒し、まるで「頭を撫でて!」と言わんばかりに額の面積を拡げます。リラックスしていて力の抜けた状態なのでヒゲは少し垂れ下がっています。

目は見開くのではなく薄く開いています。そして愛猫の頭を撫でた時に見かけた飼い主さんも多いかも知れませんが口は半開きの状態になります。

大好きな飼い主さんのそばにいることで安心した時や、心配事がない状態の時によくこの表情で心身共にリラックスしてくれているようですね。

3.とても満足している

ぺろぺろ

飼い主さんにたくさん遊んでもらった後や美味しいご飯をお腹いっぱい食べた後にはとても満足げに満ち足りた笑顔を見せてくれます。

目や耳やヒゲといった部分はリラックスしている時の表情にとてもよく似ているのですが、おやつやご飯を貰えて満足している時には舌なめずりをしていることが多いでしょう。

こういった仕草を見せている時の愛猫は「ご飯美味しかったよ!」と飼い主さんに伝えつつ、喜びや嬉しさの溢れる気持ちで笑顔になっているのだと思います。

まとめ

満面の笑みの猫

近年の猫は人間と暮らすようになったことから表情も豊かになってきたようです。感情表現も性格によってはストレートに出してくる猫もいますよね。

「猫の笑顔」と言っても明らかにニッコリ微笑むわけではありませんが、一緒に暮らしてきた飼い主さんであれば仕草などと併せて「あ、笑顔になった!」と分かるくらいには進化しているようです。

愛猫が笑顔になると嬉しいものですが、愛猫にとって嬉しいのも飼い主さんの笑顔です。愛猫もあなたの表情や声色から気持ちを察してくれます。お互いに笑顔で過ごせる毎日を大切にしたいですね。

スポンサーリンク