猫と『相性の良い動物』5選!一緒に暮らす際の注意ポイントとは?

猫と『相性の良い動物』5選!一緒に暮らす際の注意ポイントとは?

猫だけではなく他の動物も飼ってみたい…。動物好きな人ならば、このように考えることもあるのではないでしょうか?猫と相性のよい動物はいるようです。猫と一緒に暮らすときの注意点と共にお伝えしていきます。

1056view

1.犬

笑う犬

猫と相性のよい動物といえば「犬」が挙げられます。仲良くなるかどうかはわかりませんが、王道の相棒といえるのではないでしょうか?

うまくいけば一緒に遊んだり過ごしたりして、飼い主さんからはほほえましい光景が見られるかもしれません。一方でお互いに存在は認めてはいるものの、あまり干渉せずに暮らすこともあるようです。

比較的相性がよいとはいえ、やはり別の種類の動物ですから同居させる場合にはいろいろと配慮が必要となります。猫も犬もストレスをためずにすごせるよう、飼い主さんが工夫してあげてください。

2.フェレット

フェレット

イタチ科の動物であるフェレットは、猫と相性がよいようです。1日のほとんどを寝ていたり留守番が上手だったり、共通点が多い傾向があります。お昼寝タイムはシーンとして、本当に飼っているのかわからなくなるくらいかもしれません。

仲良くなる場合もあるようですが、猫と一緒にいさせる場合は不測の事態に備え、必ずそばで飼い主さんが見ておきましょう。またフェレットは自分よりも小さな動物をおもちゃにして遊んでしまうことがあります。そのため、子猫とフェレットを一緒にいさせるのは避けた方がよいようです。

もし同居させる場合は必ず、猫とフェレットの知識を知ってから、飼うようにしてください。

3.うさぎ

うさぎ

うさぎは猫と相性がよいといわれています。ただ、一緒に飼う上で気をつけなければいけない点はたくさんありますので、安易に飼うのはオススメできません。

うさぎはとてもナワバリ意識が強いため、猫が勝手に侵入してくるとストレスをためてしまうでしょう。場合によっては攻撃することもあります。できれば別室で飼うようにすると、穏やかにすごせるでしょう。

猫とうさぎ両方の知識をしっかりと持ってから、同居させるのがオススメです。

4.ハリネズミ

ハリネズミ

ハリネズミも猫と一緒に飼える動物です。ただ、猫が獲物としてみてしまう場合がありますので、扱いには十分注意しましょう。そのようになってしまったときはハリネズミに危害がおよばないよう、別室で飼ったりケージの前に柵を設けたりしてあげてください。

猫とハリネズミの絡みは見れないかもしれませんが、大切なハリネズミがこれまた大切な猫に襲われるという悲劇は防げます。お互いが幸せに暮らせるようにしてあげましょう。

5.ミーアキャット

ミーアキャット

ミーアキャットは、名前に「キャット」がついていますが猫科ではなくマングース科の生き物です。集団で暮らす習性があるため、他の動物とも仲良くやっていける傾向が強いよう。

ですから猫と相性がよいといえるのです。ただ迎えた時期や年齢、性格などにより、必ず仲良しになるとはいえません。もししょっちゅう本気の喧嘩をする場合は、別室飼いなど対処が必要になってきます。

まとめ

はなちゃん
猫と違う種類の生き物を飼うのは楽しいですが、飼われる側は必ずしも楽しいとは限りません。また、一般的に仲良くなれるといわれていても、その個体ごとで違ってきます。基本的には違う生き物ですから過剰な期待をせず、仲良くなってくれたらラッキーくらいに思っておくとよいかもしれません。

一番避けて欲しいのが、仲良くならなかったから手放す、という選択です。それは人間の身勝手というものでしょう。生き物を飼うということは、命を預かることです。

もし猫と猫以外の動物を飼うときは熟慮した上、万が一仲良くならなかったときのことも考え実行するようにしましょう。

スポンサーリンク