猫を絶対近づけちゃダメな『家の中の危険な物・場所』5つ

猫を絶対近づけちゃダメな『家の中の危険な物・場所』5つ

家の中にいても事故にあう猫がいるのをご存知ですか?意外に危険があるのです。どのような物や場所が、猫を危険にさらしてしまうのでしょうか?チェックしていきましょう!

2007view

1.観葉植物

観葉植物

「猫は肉食だから、植物になんか興味持たないでしょ?」と思いきや、実は意外と植物好きなのです。置いてあると近くに寄り、興味ありげにニオイをかぎ、場合によっては食べようとすることもあります。

それが猫草ならば問題はないのですが、植物によって猫に害を及ぼす場合があります。たとえば、ユリ科の植物は猫にとっては毒性が強く、花粉に触れたり入っていた花瓶の水を飲んだりしただけでも中毒を起こすことがあるくらいです。

もちろん、害のない観葉植物もあるにはありますが、それがどれなのかはハッキリとしていないのが現状です。つまり、たまたま家の中に置いていた植物で、猫が体調不良を起こしてしまう可能性があります。飾りたいと思う飼い主さんは多いでしょうが、猫に対する安全性が明確にならない限りはなるべく置かない方が無難でしょう。

2.お風呂場

お風呂

お風呂場は、お湯をためていなければさほど危険ではありませんが、たっぷりとためてある場合は注意が必要です。猫が落下して溺れ死んでしまう可能性があります。

お湯をためたあとは愛猫が絶対にお風呂場に入れないようにしてください。入浴後はできる限り、お湯を抜いておくと安全でしょう。

3.ベランダ

ベランダ

「猫は高いところから落ちても着地できるから大丈夫」。というのは大間違いです。もちろん、人よりは着地が得意でしょうが、それでも100%無事かというと、そうとも限らない場合があります。

猫だって高いところから落ちれば、ケガもするし当たりどころによっては命を落とすことだってあるのです。ですから、猫の能力を過信しすぎないであげてください。ベランダから落ちたら、危険なのは確かなのです。

愛猫がベランダに近づかないようにするか、落下防止の柵などを設けてあげましょう。

4.洗濯機

洗濯機

一見何の危険もなさそうな洗濯機ですが、実は猫のお昼寝スポットとして密かな人気があるため、危ない場合が。洗濯物の中に入り込んでしまうと、飼い主さんが気がつかずに洗濯してしまうかもしれません。そのまま回せば猫がどうなってしまうかは想像に難くないでしょう。

ですから注意が必要です。洗濯機を使う前に愛猫が潜んでいないかを確認してください。もしくは、猫が入れないように常にフタは閉めておくと安全です。不幸な事故を起こさないよう、気をつけてあげてください。

5.キッチン

キッチン

キッチンは猫の興味をそそる食べ物があります。お箸やスプーンなどで遊ぶこともあるでしょう。遊んでいるうちに事故にあうケースが後を絶たないのです。

火もありますし、猫が口にしてはいけない食材もあります。キッチンを猫出入り禁止にしている飼い主さんは多いのでは?可能なら、柵を設けるなどして愛猫を危険から守りましょう。

まとめ

禁止

安全そうに思える家の中にも、実は危険が多く潜んでいます。でも飼い主さんの注意1つで、大切な愛猫を守れるのです。できる対策はしっかりと行い、より安全な室内を目指しましょう!

スポンサーリンク