猫が『飼い主の枕』を独占したがる4つの理由

猫が『飼い主の枕』を独占したがる4つの理由

今日という1日が終わって寝ようとしたとき、愛猫がどどんと枕を独占していたらどうしますか?猫にゆずって枕を使わないという飼い主さんは多いでしょう。愛猫が枕を独占する理由、お伝えします。

997view

1.ふかふかだから

寝ている子猫

猫はふかふかなベッドやクッションが大好きです。ほわっと身をうずめてリラックスする姿が目に浮かびます。飼い主さんの枕も同じような感覚で、お気に入りの1つなのではないでしょうか?

飼い主さんのお好みにより、固めのものから柔らかめのものまで様々でしょう。フィット感が猫のお気に入りになれば、きっと何度も使うはずです。気がつけば完全に、愛猫のものに…。

猫を飼っていると、よくあることです。

2.飼い主さんのニオイがするから

気持ちよさそうな猫

枕は飼い主さんのニオイで満たされています。大好きな人のニオイがしていると安心できるのでしょう。ホッとしながらぐっすり眠れるはずです。

たとえ留守番中でも、すぐそばに飼い主さんがいるような感覚がするのではないでしょうか?1匹でいても寂しくありません。

ましてや飼い主さんの枕が日当たりのよい場所にあれば、なおさら使わない手はないでしょう。これも完全に、愛猫に取られるケースですね。

3.そばで寝たい

ぐっすり

飼い主さんのそばで寝たいために、枕を独占する場合もあるようです。それだけ飼い主さんを慕っているのでしょう。大目に見てあげたいですが、困る場合もあります。

飼い主さんの布団やベッドを独占する猫は多いですが、その中でも特に枕はふかふか感があるため、猫にとっては最上級の寝心地なのではないでしょうか?そのため、持ち主のはずの飼い主さんがきたとしても、ゆずらずに独占しようとするのです。

そもそも、枕が飼い主さんのものだと思っていない可能性もあります。猫はさりげなく、いえ堂々と自分のものにするのが上手ですから…。

飼い主さんの頭付近で寝ようとする猫は甘えん坊度が高いといいます。それだけ慕い、甘えているのでしょう。やはり大目に見るしかないかもしれません。

それか、もう1つ枕を購入しましょうか?

4.たまたま

熟睡

たまたま、猫が座ったところが飼い主さんの枕だった、ということも。猫はある程度お気に入りの場所が決まっています。でもときには気分を変えて、いままで使ったことのないところにいる場合もあるのです。

それがたまたま、飼い主さんの枕の上だったとは考えられないでしょうか?「にゃんかふっかふかなモノがある」と新たな発見をしたのかもしれません。この先のお気に入りになる可能性があります。

そうやって猫は、飼い主さんの持ち物を独占していくのでしょう。筆者宅にも、最初は人用に買ったものの、いつの間にか猫用になったものがたくさんあります。

まとめ

ガッちゃん
誰のものでも猫はお構いなしに、自分が気に入れば独占します。遠慮などはありません。当然のような表情で、使い倒すのです。

そんなマイペースなところが魅力の1つでもあるのですが、飼い主さんが本当にお気に入りのものは、猫の手が届く場所には出しておかない方がよいかもしれません。枕はどこかへ、しまっておくようオススメいたします。

スポンサーリンク