『べっこう猫』ってどんな猫?性格や特徴、お迎えする時の注意点5つ

『べっこう猫』ってどんな猫?性格や特徴、お迎えする時の注意点5つ

「べっこう猫」という猫を聞いたことはありますか?被毛にある特徴を持つ猫のことをいうのですが、一体どんな猫なのでしょう?気になる性格や特徴、迎える時の注意点を含めて、お伝えします。

2153view

1.べっこう猫とは?

べっこう猫

「べっこう猫」とはサビ猫の一種。黒い被毛の分量が多いとサビ猫、赤い被毛の量が多めだとべっこう猫と呼ぶという説があります。海外ではサビ猫を「トーティシェル」、日本語でべっこう猫といいます。

サビ猫は黒猫に茶色やオレンジ色の被毛が加わった猫で、さらに白が加わると三毛猫になります。なかなかややこしいです。そこまで厳密な分類のしかたはありませんので、ご自身の感覚でべっこう猫と呼んでも差し支えはないでしょう。

面倒ならひとまとめでサビ猫といえば間違いはありません。

べっこう猫と混同されやすいのが、薄いトラ猫である「麦わら猫」。確かに似ているのですがべっこう猫には麦わら猫のような縞模様はありません。全体的にまだら模様で赤が多いのがべっこう猫、となります。

見分けづらいですが、知っているとちょっと通っぽいですね!

2.性格

こちらを見る猫

性格には個体差がありますが、一般的に穏やかで賢いといわれています。自己主張は強くなく、繊細で怖がりなところがあるようです。基本的に猫は繊細な生き物ですが、特にそうだと思っておくとよいでしょう。

我慢してしまう傾向があるため、気持ちをできるだけくみとってあげるとよいようです。気がつかない間に我慢しすぎてストレスがたまり、体調不良になってしまう可能性がゼロではありません。

3.特徴

座っている猫

べっこう猫はほとんどがメス猫です。三毛猫と同じく、染色体が関係しています。理論上はオスのべっこう猫は産まれないのですが、稀に誕生することが。

もしオスのべっこう猫に出会ったら、かなり珍しいということです。

べっこう猫はゴールドの瞳を持っている場合が多いよう。気になるぷにぷにな肉球は黒やピンクが混じったマーブル色をしています。

特徴的なまだら模様を「汚い!」「雑巾みたい」と感じる人もいますが、その柄を逆に美しい!と思うファンもいるのです。好みが分かれる部分があるかもしれません。

4.幸運を運ぶ猫?

ソファの上の猫

日本では残念ながらあまり美しくないと思われてしまうこともあるべっこう猫なのですが、海外の国では「幸運を運ぶ猫」として人気があります。

由来は三毛猫からきているよう。三毛猫は白、茶色、黒の3色を持っています。それぞれ、白や幸せ、茶色は無病息災、黒は魔除けのシンボルと考えられているのです。

べっこう猫はこのうちの茶色、黒を持っているため、同じく幸運を運んできてくれる猫、とされているのでしょう。でも実は、べっこう猫も見えないだけで白い被毛の遺伝子は持っているようです。つまり、カラーの出方が違うだけで三毛猫と同じと考えられます。

べっこう猫の賢さも、幸運につながると思われているフシが。スコットランドやアイルランドではべっこう猫は幸運を運ぶ猫だとされていて、それが元となり欧米に広がったという説もあります。

5.迎え方

猫の顔

べっこう猫専門のブリーダーはおそらく存在しないため、ペットショップや里親募集情報などを見て探すのが出会う方法です。もしかしたら「べっこう猫が飼いたい!」と思っていると、近所に現れるかもしれません。

わざわざお店で購入しなても、野良猫や里親を募集している猫の中にべっこう猫はいますので、そこから迎えてもよいでしょう。特に野良猫は毎日過酷な日々を強いられていますので、保護猫として迎えればそのべっこう猫を助けることにもなります。ぜひ近所に飼い主さんのいないべっこう猫がいないか、探してみてください!!

まとめ

うにちゃん
特徴的な被毛を持つべっこう猫。猫を飼うときは、その被毛も選択の一助になりますよね!きっとどこかに運命のべっこう猫がいます。

もし飼いたい方はぜひぜひ、見つけてあげてください!

スポンサーリンク