猫の飼い主が『愛猫の下僕みたい!』と感じるシーン5つ

猫の飼い主が『愛猫の下僕みたい!』と感じるシーン5つ

ご自身を振り返ってみると、意外と猫の下僕となっているシーンがあるかもしれません。「いえいえ私は決してそんなことは…」と思う方!ぜひ日頃の猫との触れ合いを振り返ってみてください。きっとどこかに、思い当たるフシがあるはずです。

1593view

1.猫中心に考えているとき

抱っこ

猫を飼うまでは自分が中心の生活だったのに、猫を飼い始めてからすっかり猫中心になってしまった、という飼い主さんは多いようです。

何を買うにも猫基準。猫が快適に感じるか、喜んでくれるかなど、猫の気持ちを考え生活するようになってしまいます。

もちろん家の中も猫が快適なように考えられ、家具の配置などをするでしょう。猫が快適にすごせる家まで作ってしまう飼い主さんも少なくありません。

それを下僕と呼ぶかどうかは個人の判断に任せられるでしょうが、ハタから見ると完全なる下僕なのかも…。

2.要求がわかってしまう

おやつタイム

愛猫に見つめられ「ニャー」といわれるとなんとなく何がいいたいのかわかってしまう…。そんな飼い主さんはもはや下僕の仲間入り!?

猫の要求を先回りして叶えてしまう、そんな飼い主さんは全国にごまんといらっしゃるでしょう。ご飯の要求はもちろん、遊びやナデナデ、果ては窓から外の鳥がよく見えるように、抱っこまでしてさしあげる下僕…いえいえ飼い主さんも多いようです。

愛猫とツーカーな仲なのはよいことでしょう。そんな下僕っぷりを発揮する飼い主さん。愛しき存在です。

3.猫のフードはケチらない

キャットフード

意外と多いのが、飼い主さんご自身のご飯代はケチっても、猫のフード代は決してケチらないというご意見です。フードは愛猫の健康に直結していますから、そこをなんとしてでも守る飼い主さん、ものすごい愛情です。

そんな尽くし具合にさぞかし猫も感動…してませんね。というのは冗談です。フード代に関して猫は分からないかもしれませんが、きっとその気持ちは伝わっているはずです。

願わくば、飼い主さんご自身の健康も大切にしていただきたいと筆者は切に願います。

4.猫をどかせない

抱っこされる猫

猫はとても気ままな生き物なので、自分が快適だと感じれば、トコロ構わず陣取ります。例えそれが飼い主さんが困る場所だとしても、お構いなしです。

ソファの上、布団の上、膝の上など、自由気ままに横たわり、気持ちよさそうな寝息を立てるでしょう。そんな様子を見て「とてもじゃないけど愛猫をどかせない!!」と思うなら、もうすでに下僕と化しているでしょう。

かのイスラム教の創始者であるムハンマドでさえ、愛猫のムエザがその日着ていく服の袖の上に寝ていたのを見て、どかせず袖を切って出かけたという話があります。それほどまでに人を懐柔してしまう猫とは、一体何者なのでしょう?

5.気がつくと猫グッズが満載に

ペットショップ

そしてあるあるなのが、気がつくと家の中全体が猫グッズで埋め尽くされているという実態です。愛猫が喜ぶであろう物を追求していたら、いつの間にが溢れてしまいます。ハッと気がついた時には、もうすでに遅し…。

捨てるに捨てられず、中には愛猫が見向きもしないグッズもあるでしょう。そんなもんさと割り切っていく覚悟が、猫の飼い主さんには必要です。

愛猫が使ってくれないグッズは、保護団体などに寄付するという手も。気まぐれな猫ですから、もしかしたら置いておくと、いつかは使ってくれる可能性もあります。

まとめ

ニャーちゃん
自ら進んで猫の下僕となる飼い主さん、そのつもりはなかったのに気がついたらそうなってしまっていた飼い主さんなどさまざまです。誰も彼も、どこかしら下僕となっている部分はあるのではないでしょうか?それを楽しむくらいの余裕が、必要なのかもしれません。

スポンサーリンク