猫が大好きな『撫で方』ランキングTOP4

猫が大好きな『撫で方』ランキングTOP4

犬ほど「撫でて〜!」とは言ってこない猫ですが、それでも気分が乗っているとき限定で飼い主さんに撫でられるのは大好きです。どのような撫で方をされると喜ぶのでしょう?TOP4にランクインすると思われる撫で方をご紹介します。

4125view

1.人指し指でゆっくりと

抱っこされる猫

猫が触られて嬉しいポイントNo.1の顔まわりを撫でるときは、「人差し指」でゆっくり撫でるとよいでしょう。小さな猫の顔を撫でるには、それだけで十分です。手のひらなど大きな部分でナデナデしようとすると、細かい部分に行き渡りませんし怖がらせてしまうかもしれません。

ひげの周りや耳、目の周辺はよく動かすために疲れやすいので、もみほぐしてあげましょう。その際、力は入れなくて大丈夫です。強く押すと嫌がられてしまいます。

心地よければ目を閉じて快適そうな表情を見せてくれますので、それを確認しながら行ってみてください。満足して「もういいよ!」となると耳を横に伏せたりしっぽを強めに振るなどして教えてくれますので、そのときがやめどきです。

2.軽く押す

気持ちよさそうな猫

首の後ろから肩にかけ、軽く押すように撫でてあげると喜びます。撫でついでにマッサージも取り入れてあげると疲れが取れ、血行もよくなるでしょう。意外と凝っているようです。

円を描くように指を動かしたり、皮を軽く引っ張ったりするのもオススメです。こちらも力はいりません。ごく軽いタッチで撫でてあげましょう。

3.手のひら全体で

マッサージ中

撫でやすい背中は、手のひら全体を使ってナデナデしてあげましょう。ポイントは「毛並みに沿う」こと。愛情を込めて撫でてあげてください。

おもしろがって毛並みとは逆に撫でると嫌がられるばかりか、せっかく猫が毛づくろいで揃えた被毛がボッサボサになってしまいます。気をつけましょう。

4.さする

横たわる猫

前足や後ろ足も撫でてあげたくなりますが、足先は敏感なので触られるのを嫌がります。付け根から軽く、さすってあげてください。

もし足先の方を嫌がる場合は嫌がらないところまでで十分です。決して掴むことのないようにお願いします。

5.嫌がる猫には…

目を閉じる猫

猫が撫でられるのを嫌がるのなら、ムリに撫でる必要はありません。どうしてもスキンシップしたい場合はまずは手の甲でナデナデしてみて。手のひらが自分に向いていると「掴まれる!怖い!」と感じるのかもしれません。

手の甲を嫌がらないようなら短時間から始め、徐々に時間を伸ばしていきましょう。ナデナデが気持ちよいと分かれば、そのうち許してくれるようになるはずです。根気がいるかもしれませんが、ゆっくりと時間をかけて撫でられるのを好きにさせてあげましょう。

まとめ

虎くん
飼い主さんに撫でられるのが大好きな猫は多いはず。子猫から飼った場合はたくさんナデナデして、よいものだと知ってもらうとよいでしょう。成猫でも、撫でられる気持ちよさに目覚めることは十分あります。

飼い主さんの愛と優しいナデナデで、幸せを感じてもらいましょう!

スポンサーリンク