猫のベテラン飼い主が実践している『愛猫の喜ばせ方』5選

猫のベテラン飼い主が実践している『愛猫の喜ばせ方』5選

突然ですが愛猫を喜ばせていますか?毎日家に寝に帰るだけで、猫に癒されてばかりいないでしょうか?もちろんそれが悪いわけではありませんが、できれば愛猫のことも喜ばせてあげると、より良好な関係作りができるでしょう。

815view

1.猫のタイミングに合わせて構う

ナデナデ

猫が気分屋な生き物なのはご存知の通りです。そのため、1匹でまったりしたいときや何かに集中しているときなどに構おうとしても、嫌がられる可能性大。

猫を喜ばせたいのなら、猫が構ってほしいときにするのがベストです。気分が乗っているときなら、大歓迎で喜んでくれるでしょう。

例えば、そっと近寄ってきて上目遣いで見つめてくるとき。もしかしたら撫でてほしいのかもしれません。ゴロンと横たわりお腹を見せるときも同様です。

いわゆる「構ってアピール」をしているのでしょう。猫と飼い主さんのタイミングが合えば、そこにはほほえましすぎる幸せな光景が生まれます。愛猫の嬉しそうな顔を見て、癒されてしまいましょう。

2.触られて嬉しい場所を触る

嬉しそうな猫

いつもはそっけない猫でも、飼い主さんとの触れ合いは必要です。一番手軽にできるスキンシップはなんといっても「ナデナデ」でしょう。甘えたい時は喉から手が出るほど欲しているかもしれません。

顔まわりや首、肩、背中など、猫が喜ぶポイントを撫でてあげてください。ほかにもしっぽの付け根を軽くたたかれるのを喜ぶ場合も。猫によって多少好みが異なっていますので、愛猫が喜ぶポイントを見つけてあげましょう。

3.猫の本能を刺激する遊び

遊ぶ猫

猫には「狩猟本能」が備わっています。獲物とおぼしきものを見ると、勝手に体が動いてしまうのです。そして狩りのための高い身体能力も持ち合わせています。

室内は安全でよいのですが、一方で刺激に乏しい傾向があります。そのため、退屈してしまったり素晴らしい身体能力を持て余してしまったりするでしょう。

そこで飼い主さんの出番です。猫の興味をひくおもちゃを使い、狩猟本能を刺激してあげてください。まるで生きている獲物のように動くおもちゃに大興奮でとびつくでしょう。

夢中になって遊ぶとストレスもいつの間にか吹き飛び、体が適度に疲れて満足してくれます。できれば毎日、遊ぶ時間を作るのがベストです。おもちゃで遊んだ後、ご飯を与えると「狩りが成功した!」と思わせられるのでオススメです。

4.マッサージ

マッサージを受ける猫

愛猫にマッサージをしてあげると、喜んでくれるでしょう。といっても人間のようにツボをゴリゴリ押したり、凝りをほぐすのにグリグリしたりする必要はありません。力はいらないのであくまでもソフトタッチで行ってあげてください。

特に顔まわりや肩周りを優しくほぐしてあげると喜びます。細かい部分は指だけで、広い部分は手のひらを使い血流をよくしてあげましょう。嫌がる場合はムリに行う必要はありません。

5.お気に入りの場所を作る

お気に入り

家の中にいくつか、猫がお気に入りの場所を作ってあげるのはオススメです。隠れ場はもちろん、快適に日向ぼっこができる場所や上下運動ができる場所など、あると確実に喜びます。

隠れ場は何もお高い猫ベッドではなくても大丈夫。通販の段ボールなどでも十分です。中に柔らかいタオルや毛布を敷けば、猫お気に入りの場所になってくれます。

日当たりのよい窓際は、日向ぼっこにピッタリです。クッションやベッドを置いてあげるとより快適にすごせるでしょう。もちろん敷くのはタオルなどでもOKです。

上下運動は猫にとって必要なもの。できればキャットタワーを設置すると、十分行ったり来たりして楽しめます。または家具を高さ順に並べるだけでも立派な運動場になるでしょう。

まとめ

ノアくん
猫を喜ばせるとどんなメリットがあるのでしょうか?信頼関係が増し、より仲良しになれるでしょう。その分、愛猫からのラブラブアプローチも増えるのではないでしょうか?

お互いにとって幸せマシマシになりますので、ぜひできることから実践してみてください。

スポンサーリンク