猫が『手を口に入れる』ときの意味4つ

猫が『手を口に入れる』ときの意味4つ

猫が見せる行動には、驚かされることがありますよね。「なぜそんなことを?」と思うような行動にもきちんと意味があります。今回は、猫が手を口に入れるとき、いったいどのような意味があるのかをまとめてみました。

711view

1.爪のお手入れ

お手入れする猫

狩りをして暮らしてきた猫にとって、爪は自分の身を守るため、獲物を捕まえるために大切な部位です。

猫が一生懸命爪研ぎをするのは、古い爪を剥がし、鋭い爪を維持するためです。

口の中に手を入れて引っ張るような仕草をしているときは、大切な武器である爪のお手入れをしているのです。

2.痒い

手を舐める猫

猫が手を口に入れている場合、皮膚炎やアレルギー反応などで痒みを感じているのかもしれません。

ノミやダニが寄生することによる皮膚炎や、食べ物のアレルギーなどが考えられます。

口に手を入れ、痒がる仕草をしていたら、悪化する前に早めに病院で検査を受けましょう。

3.口内の異常

手を噛む猫

手を口の中に入れて気にしている場合、口内炎や歯周病などを発症している可能性があります。

痛みを伴うため、食欲の低下、よだれが出るなどの症状も見られます。悪化すると食事を摂ることができなくなり、免疫力がさらに低下してしまいます。

治療が必要になるため、早めに病院で診てもらいましょう。

4.ストレス

手を噛む猫

人間もイライラしたとき、気持ちを落ち着かせるために、爪を噛んだり貧乏ゆすりをすることがありますよね。

それと同じように、猫もストレスを抱えたとき、口に手を入れ、爪や肉球を噛むことがあるようです。

エスカレートすると、傷ができるほど噛み続ける場合もあります。

猫は環境の変化や、騒音などでストレスを感じやすい動物です。ストレスを感じているようであれば、原因を探り取り除いてあげることが大切です。

まとめ

手を口に入れる猫

いかがでしたか?

猫が毛繕いする姿は見慣れた光景であり、じっと観察しないかもしれません。

しかし、その仕草はただ毛繕いをしているだけではありません。

手を口に入れて普段とは違う仕草が見られた場合は、病気を発症している可能性もあります。

愛猫の体や仕草を、日頃からよくチェックしてあげたいですね。

スポンサーリンク