猫に『スルーされがちな飼い主』の共通点5つ!今すぐできる改善策とは?

猫に『スルーされがちな飼い主』の共通点5つ!今すぐできる改善策とは?

せっかく猫を飼ったのに、いつもスルーされてしまう…。こんなことになったら悲しいですね。なぜ飼い主なのにスルーされてしまうのでしょうか?その原因をまとめてみました。

503view

1.猫の気持ちがわかってにゃい

わかってにゃいにゃあ

言葉ではコミュニケーションができない猫の気持ちを知るのは難しいかもしれませんが…。でもわかってくれていないと思えば、スルーしてしまうこともあるでしょう。

たとえば、1匹でいたいのにしつこくかまわれたら、嫌になってしまいます。もしくはかまってほしいのにとりあってもらえなかったら、「この人には働きかけてもムダだにゃん」と思われてしまうかもしれません。

最初は難しくても、一緒にすごす時間が長くなるとだんだんと、愛猫の気持ちがわかってきます。それまではなるべく、くみとるようにしてあげてください。その努力は猫にも伝わるでしょう。

2.信頼されてにゃい

無表情な猫

信頼関係ができあがっていないと、スルーされてしまう傾向にあるようです。一緒に楽しく暮らす上で、お互いの信頼は必須といえるでしょう。順調に信頼関係ができていたとしても、猫が嫌がることや怖がることをしたりすると、その関係にヒビが入ってしまう場合も。

猫によっては、人によって全く態度が違うこともあります。信頼している人としていない人では、180度対応が異なる場合が実際にあるのです。なるべく猫に信頼されるよう、心がけていきたいですね。

3.キライな匂いがするにゃ

情けない顔の猫

もしかすると飼い主さんの全身から、猫がキライな匂いが漂っていることも考えられます。猫の匂いの基準は人とは異なり、たいていの場合人がよいと感じる匂いをキライ、人が嫌だと感じる匂いが好きなのです。

ですから香水や柔軟剤の匂いは猫にとってはキライな方に分類されます。逆に体臭を好き、と感じるよう。飼い主さんの靴や靴下の匂いにハマってしまう猫がいるのもうなずけるでしょう。

4.声が大きい

うるさいにゃ

猫は大きな音が苦手です。元々繊細な上にビビりなところがありますので、飼い主さんが立てる大声や拍手などの音にびっくりしてしまいます。

猫と接するときはなるべく、小さめの声にしましょう。あたりに鳴り響くような大声は封印して。少し高めの声で話しかけると好意的に感じるようです。

5.落ち着きがない

助けて〜!

予想外の動きをする落ち着きがない飼い主さんもスルーの対象となりがちです。恐怖を感じてしまうのでしょう。飼い主さんの人柄を嫌っているのではなく、その動きを怖がっています。

ですから猫の前ではなるべくゆっくり、穏やかに動きましょう。急に動くとおどろかれてしまいます。猫が安心できるようにしてあげてください。

まとめ

スルー

猫がスルーするのには何かしらの原因があるのでしょう。飼い主さん自体を嫌っているのではなく、動きや匂いなどが嫌なのです。ですから原因を取りのぞくようにすれば、近づいてきてくれる可能性はあります。

猫が心地よく感じる接し方をしていきましょう。

スポンサーリンク