猫への不勉強が招く飼い主の『トラブル行為』5選

猫への不勉強が招く飼い主の『トラブル行為』5選

猫について不勉強だと、どんなトラブルが起きる可能性があるでしょうか?代表的なものをまとめてみました。せっかく猫と暮らすのだったら、トラブルなくすごしたいですね。ぜひチェックしてみてください。

845view

1.じっと目を見つめる

じっと見る

猫の目をじっと見つめることはやってしまいがちですが、実はあまりやらない方がよいことの1つ。というのも、アイコンタクトの意味が人間とは違うからです。猫の世界では、目を合わせるのは「ケンカを売っている」ことになります。

特に初対面や信頼関係のできてない猫はそうとられてしまう場合が多いので、注意が必要です。愛猫を迎えてすぐのときにじっと目を見つめてしまうと、誤解されてしまうでしょう。

実は筆者も、最初の猫を迎えたときにやってしまったことがあります。とても怯えていた様子だったので、悪かったな、と思います。初対面で悪印象を与えないように、そして怖がらせないように視線は合わせないのが一番です。

2.かまいすぎる

手

猫は人にかまわれるのは嫌いではありません。気分が乗っているときは、むしろ自ら「かまって〜!」とおねだりしてきます。ですがとても気分屋な生き物なので、次の瞬間には気持ちが変わっていることも。

それに気がつかずかまいつづけていると、猫に叱られてしまうかもしれません。場合によっては攻撃される可能性がありますので、注意が必要です。しっぽをバタバタ振っていたり、耳を伏せていたりしたら、かまうのをやめてあげましょう。

3.従わせようとする

命令

猫を小さな犬のように扱うと、トラブルになってしまいます。犬は飼い主さんを主人として従いますが、猫はそうではないからです。どちらかというと上下関係ではなく、母猫や仲間と思っているようです。

訓練をすれば命令に従うことはできますが、そうなるまでにはかなり練習しなければいけません。普通の状態で犬のようには、従ってくれないのです。そのため、従わせようと思って飼うのはNGとなります。

4.上下運動ができない

落ち込む猫

猫が生活するのにそれほど広いスペースは必要ありません。どちらかといえば、上下に運動できる場所がある方がよいでしょう。キャットタワーやキャットウォークなどで自由に上下に行き来できるスペースを作ってあげてください。

もし設置が難しければ、家具を高さ順に並べてもOKです。高いところから見下ろしたり、ダダダっとかけあがったりができないと、ストレスになってしまうでしょう。必ず上下運動ができるように環境を整えてあげてください。

5.隠れ場所がない

かなしげな猫

猫にとって隠れ場所はとても重要な場所の1つです。恐怖や危険を感じたときに身を隠せると、安心できます。ですがその場所がないと不安で、ストレスになってしまうでしょう。

段ボール箱で作った隠れ場所でも十分です。猫の体がピッタリ入って屋根がある箱などを用意してあげてください。

まとめ

トラブル

猫を飼うなら、やはり猫についての知識があるに越したことはないでしょう。トラブルになってお互いダメージを受けるのは、望ましくありません。飼う前はもちろん、飼ってからも猫について勉強していくと、より一緒の暮らしが楽しくなりますよ!

スポンサーリンク