猫が『嫌悪感を抱いている人』にする態度2つ!関係修復のためにすべきこととは?

猫が『嫌悪感を抱いている人』にする態度2つ!関係修復のためにすべきこととは?

猫から嫌われるのは悲しいですよね。しかし気がつかないうちに、猫が困ることをしているのかもしれません。まずは、猫が嫌がっている様子を見てみましょう。

1036view

1.威嚇や攻撃をしてくる

怒っている猫

自分の縄張りを侵されたくない猫は、積極的に攻撃や威嚇を仕掛けてくるかもしれません。

完全に敵と見なされてしまうと、威嚇や攻撃の対象になります。

猫が恐怖感を抱いているか場合と、怒りを感じている場合とに分かれます。

2.姿を見せずに逃げる

隠れている猫

怖がりなタイプや神経質な猫は、攻撃より姿を見せないで逃げます。

猫は基本的に怖がりなので初対面の人には逃げる場合が多いです。

しかし嫌悪感を抱いてしまった人に対しても、存在を消してしまいます。まるで猫がいる環境ではないように感じられます。

猫は、その人がいる限りトイレにも行けずご飯も食べないので、改善策が必要です。

猫から嫌われる原因を探る

猫パンチをする猫

愛猫に上記のような態度を取られたら、猫に嫌悪感を抱かれるような原因がなにかあるのかもしれません。

大きな音を立てた、大声で喧嘩をした、病院へ行くタイミングにいるなど、猫の嫌がる事をしてしまっていると嫌悪感を抱かれてしまう可能性があります。

猫との関係、猫への態度を今一度見直してみましょう。

構いすぎないようにする

嫌がる猫

構いすぎるのも、猫から嫌悪感を抱かれる原因になります。

猫のタイミングに合わせて行動をしましょう。猫から近寄ってくるまで、猫の側へ行っては行けません。

目を合わせるのもいけません。自然界では喧嘩を売る行動になります。

猫のお世話をする

トイレ掃除をする人

猫はお世話をしてくれる人に好印象を持ちます。

一番はトイレ掃除です。ご飯が良いと思われがちですが、簡単ですから猫にもバレてしまいます。

トイレは自分の匂いがついていますから、掃除をする事で相手にも匂いがついていきます。

猫グッズの買い物をしている人に対しても、猫は好印象を持つようです。

まとめ

隠れる猫

猫が『嫌悪感を抱いている人』にする態度2つ!関係修復のためにすべきこととは?についてお伝えいたしました。

猫は優しい動物ですから、嫌悪感を抱いている様子を人間にはあまり見せないかもしれません。

でももしも、一緒に暮らす猫に嫌悪感を抱かれてしまうと寂しいですね。

猫の様子をよく観察して、猫が居心地の良い環境で暮らせるように努力したいですね。

スポンサーリンク