『幸福度の高い猫』がよくする仕草・行動3つ

『幸福度の高い猫』がよくする仕草・行動3つ

幸せそうな愛猫の姿を見ると飼い主も嬉しくなると思われます。では幸福度の高い猫がする特有の仕草は、一体どのようなものなのかを紹介していきます。

11081view

幸福度の高い猫

目を細める猫

猫と一緒に暮らす飼い主であればほとんどの方が、愛猫には幸せになってもらいたいと願っていると思われます。

猫との出会いによって飼い主の心は満たされると思いますが、しかし猫の方はどうでしょうか。言葉が話せない分、不安に思っている飼い主もいらしゃるかもしれません。

ここでは幸福度が高い猫によく見られる仕草をご紹介していきます。愛猫にこの仕草が見られたら今の暮らしに満足している一つの目安になりますので、飼い主の不安も取り除かれるかもしれません。ぜひこの記事を元に観察してみてください。

1.仰向けになる

仰向けの猫

いわゆる「ヘソ天」とも言われる体勢ですが、お腹を向けてゴロンと仰向けになる姿勢のことです。この姿勢はまず野生の猫ではあまり見られません。

猫にとって急所でもあるお腹は余程の信頼関係がないと、見せられない場所でもあるのです。

「ここでは見せても平気」と思ってくれた証拠でもありますので、ヘソ天姿が見られた時は安心して下さい。

そして甘えてくれることに感謝して、頭などお気に入りのポイントを優しく撫でてあげるといいでしょう。

2.舐める

毛づくろいをする猫

愛猫が飼い主の手などを舐めてくれることはありませんか。

これは猫がよくやるグルーミングの一環であり、飼い主のことを家族と認めているからこそ見られる仕草です。

本来は親猫や子猫、そして兄弟猫など親密な関係の猫に対して行なわれる行動であり、ずっと家で暮らしている猫の場合飼い主相手にグルーミングをする姿が見られます。

「舌」は猫にとって大切な器官です。野生の世界では簡単に舌を見せることはしません。

万が一敵に襲われて舌を怪我してしまうと、その後の世界を生き残るのが難しくなる事を本能的に知っているからです。

そんな大事な舌を出してまで舐めてくれることは、愛猫から信頼されていて、かつ今の状況に満足している証拠でもあるのです。

3.近づいてくる

近づく猫

愛猫から近づいてくることも、幸福度の高い猫に見られる仕草の一つです。

猫が飼い主に近づくことは実は当たり前のことではありません。

野良猫と比較するとよく分かるのですが、本来猫は警戒心の強い生き物ですので近寄らないのが当たり前です。

しかし長年の信頼関係で、飼い主に近づけば自分にとって良いことがあることが分かっている猫は、自ら近づいて来るのです。

「この匂いは安心できる」「温かい体温が感じられる」などを猫は感じているのです。

まとめ

のんびりしている猫

何気ない仕草が実は猫の幸福度を表していたりします。

飼い主も普段から観察して、言葉が話せない愛猫の感じている事を理解することに努めましょう。

スポンサーリンク