猫が『入れ物』にハマる3つの理由

猫が『入れ物』にハマる3つの理由

猫って本当に「入れ物」が好きですよね。いないと思って探したら部屋の片隅にあった入れ物の中で寝ていた…なんてことも!本記事ではそんな「入れ物にハマる猫たち」がどうして「入れ物好き」なのか探ってみたいと思います。

443view

1.安心するから

穴から手を出す猫

これは野生時代の本能や名残とも言えるかも知れませんが、猫は獲物を狩る時も敵から身を隠す時も小さな穴などに隠れていました。

そのため家猫にとって暗く狭い「入れ物」は自然界で言うところの穴などに匹敵する隠れ家であり、そうした場所に入ることで安心するんですね。

愛猫とおもちゃで遊ぶ時も隠れられる箱などを置いてあげると、そこからおもちゃを狙ったりして「いつもの遊び」より「本物の狩り」に近い遊びができるため、猫も夢中になってくれるかも知れませんよ。

2.居心地が良いから

寛ぐ猫

猫は眠る時も体のどこかがベッドや箱などの縁に触れているとより一層安心感が得られるようです。そのため寝床も広く大きいベッドよりも小さめで飼い主さんから見たら「窮屈じゃない?」と思うサイズのものが好みだったりすることも。

人間なら窮屈に感じてしまうような狭さの入れ物でも、猫にとっては「狭いくらいがちょうど良い」といったところなんでしょうか。

自分の体より少し小さめの入れ物が好きな猫ではありますが、明らかに頭しか入らないようなサイズのバッグなどにも必死に体をねじ込もうとしたりするのがまた可愛いですよね(笑)

3.未知との遭遇

ニオイのチェック

荷物などが届くと猫が一斉に段ボールに群がることはありませんか?これは「新しい入れ物だ!」とテンションが上がるのもありますが、知らないニオイがついていることもポイントだったりするんです。

箱の中に入っていたものや飼い主さんの家に届くまでの間に段ボールが置かれていた場所など、猫にとって知らないニオイがたくさんついている段ボールはまさに「未知との遭遇」に他なりません!

そんな知らないものや人のニオイがたくさんついた段ボールは、猫にとってとても刺激的なんでしょうか。ニオイを堪能した後はスリスリして自分のニオイをつけたりし始めるんですけどね。

まとめ

小さすぎる入れ物に入る猫

猫は入れ物が大好きですよね。しかも「それ、入れるの!?」と飼い主さんがビックリしてしまうようなサイズのものに納まってそのまま寝てしまっていることもあります。

小さすぎる箱や缶などに頭を突っ込んで抜けなくなってしまう猫の動画などもよくSNSで見かけますが、猫って本当に入れそうな場所にはとりあえずチャレンジしてしまいますよね。

子猫時代に入れたものには成猫になっても入れると思い込んでいる節のある猫たち、体が大きくなったという自覚はあるのでしょうか…愛猫に聞けるなら聞いてみたいものです。

スポンサーリンク