猫と『初対面でも好かれる人』に共通すること5つ

猫と『初対面でも好かれる人』に共通すること5つ

1匹の猫がいたとして。なぜか初対面にも関わらず好かれる人と嫌われる人がいます。この違いは何なのでしょうか?どうしたら初対面で猫に好かれるのか、そのポイントをお伝えします。

1743view

1.静かな人

膝に乗る猫

猫は静かな環境を好みます。ですので、人も静かな人を好む傾向が。猫が近くにいるときは、なるべくおとなしくしておいたほうがよいでしょう。

動作もゆっくりと行うのがポイントです。お手本はお年寄り。おっとりと静かな動作が猫を安心させます。

マネしてみてください。きっとホッとしてもらえます。極力バタバタしないように心がけていきましょう。

2.近づいてこない人

距離

猫は近づいてこられるより、自分から近づく方を好みます。猫好きな方は仲良くなりたくて近づいてしまう傾向が強いですが、グッとこらえて来てくれるまで待ちましょう。その方が初対面でも好かれやすいようです。

猫嫌いな人やアレルギーがある人は自分から猫に近づかないので、逆に猫の方が近寄っていくというのは有名な話です。猫に関心はあるけれど、ないように装っておくときっと、近づいてきてくれます。そのときまでは我慢して、好かれる人になりましょう。

3.目をじっと見ない人

抱っこ

アイコンタクトは猫界では「ケンカを売っています」という意味があります。ある程度信頼関係ができてくるとそうとは限らなくなってはいくのですが。初対面のときに目を合わせると、「ケンカを売っている」と受け取られてしまいます。

ですから極力、猫とは目を合わせないようにしましょう。もし視線が合ってしまったら、ゆっくりとまばたきをして敵意がないことを伝えます。これは親密度をアップさせるのにも有効な手段です。

初対面でもまばたきをした方の人に近づく傾向があるとある大学の実験結果が出ています。ぜひ試してみてください。

4.声が高くて小さな人

子供と猫

猫は低い声より高い声を好みます。低い声は威嚇や捕食動物を思い出してしまうのでしょう。高い声は子猫など、かよわくて保護しなければいけない存在をほうふつとさせます。

男性よりも女性の方が好まれやすいのは声に関係があるのです。また体格も、大きいより小さな人の方が好まれるようです。ただでさえ人間は猫よりもはるかに大きいので、やたらと大きな人が近づいてくるより、小さな人の方が圧迫感がないのかもしれません。

では体は大きな人は猫に好かれないのか?といえば、工夫次第で問題はクリアできます。猫と触れ合うときにしゃがみ、小さくなればよいのです。可能ならほふく前進スタイルでいるとよりよいかもしれません。

猫の警戒心を極力低くできます。加えて声を高めにすればバッチリでしょう。あまり知人には見られたくない姿かもしれませんが、機会があったら試してみてください。

5.猫にとって臭くない人

ふれあい

猫にとって臭くない人とは、体臭がどうとかという話ではありません。タバコや香水などの匂いがしない人が該当します。逆に人の体臭は好む場合がありますので、あまり気にしなくても大丈夫でしょう。

猫に近づくときはなるべく無臭がよいようです。猫カフェなどに行く際は、心がけてみてください。

まとめ

もーしゃんちゃん

初対面でも猫にモテモテになる秘訣、ゲットしていただけたでしょうか?ご紹介した方法を試せば、きっと猫の方から近づいてきてくれます。ぜひ猫モテして、楽しい時間をおすごしください!

スポンサーリンク