猫が寝ない…瞬く間に寝かせる5つのコツ

猫が寝ない…瞬く間に寝かせる5つのコツ

猫がなかなか寝てくれず、飼い主さんの安眠が妨害されてしまうことがあるでしょう。そんなときはどう対処すればよいのでしょうか?猫をすぐに寝かせる方法をまとめてみました。ぜひ、試してみてください。

2725view

1.たくさん遊ぶ

何かを狙う猫

猫が寝てくれない場合は、たくさん遊びましょう。体を動かせば体力を消耗し、寝てくれます。お気に入りのおもちゃをチラチラさせてみてください。

それを追いかけて走ったりジャンプしたりすれば、疲れてじきに寝てくれるでしょう。飼い主さんが寝る前にしばらく遊べば、一緒にぐっすり眠れます。夜の運動会が防げるでしょう。

2.お腹をいっぱいにする

ご飯を食べる猫

お腹をいっぱいにすることも有効です。思いきり遊んだ後に、ご飯を与えると尚よいでしょう。なぜなら、遊びは猫にとって狩りのシミュレーションのようなものだからです。

遊んだ後にご飯を食べれば、その狩りが成功したものとして捉えます。心身共に満足した猫は、ぐっすりと眠りについてくれるでしょう。食べたすぐ後に寝て大丈夫なの?と思いますが、猫は大丈夫なようです。

逆に消化に体力を要するので、体を休めて消化を助けているとの説も。愛猫に「寝ないように!」といっても勝手に寝てしまいますから、そこは人の力が及ばない領域なのでしょう。

3.あたためる

あたたまる猫

猫はぽかぽかとしたあたたかい場所が大好きです。もしなかなか寝ないようなら、快適と感じる寝場所がないのかもしれません。ふかふかの毛布や段ボールなどで、あたたかい寝床を作ってあげましょう。

窓際の日が当たる場所に、クッションをおいてもよいかもしれません。ぽかぽかとしたその空気に猫は眠気を誘われ…。きっとすぐに寝てしまうことでしょう。

4.マッサージ

マッサージされる猫

猫の体は意外と疲れているようです。たまに飼い主さんが労いのマッサージをしてあげてはいかがでしょうか?適切に行えばきっと喜び、寝てくれます。

やり方はさまざまな方法がありますので、愛猫が好みそうなマッサージを調べてあげてください。スキンシップにもなって、信頼関係が増すメリットもあります。愛猫のふかふかな体に触れることで、飼い主さんも幸せホルモンが分泌されます。

お互いにハッピーになれるのが、マッサージなのです。

5.無反応

無反応

愛猫が暴れてなかなか寝てくれない場合、無反応を決め込むのもよいでしょう。下手に反応してしまうと、それで味を占めてしまう可能性があります。

飼い主さんが反応しなければ暴れても何もよいことはないと学び、おとなしくなるでしょう。思わず声をかけるなどしてしまいたくなりますが、グッとこらえてみてください。

まとめ

ソラちゃん

猫を飼い主さんのいう通りに動かすのは大変ですが、色々試してみることは大切です。迎えた当初は深夜に暴れるかもしれませんが、飼い主さんが夜に寝る生活を行なっていれば、そのうち生活リズムが合ってきます。そうなるまで、気長に待つのもオススメです。

スポンサーリンク