猫が『無視する』ときに考えられること4つ

猫が『無視する』ときに考えられること4つ

「猫は気まぐれな動物」とわかっていても、いざ無視をされると「なぜ?」と思ってしまうでしょう。「もしかして嫌われてる?」なんて思う前に、理由を知っておけば安心ですよね。今回は、猫が無視するときに考えられることをまとめてみました。

900view

1.そっとしておいてほしい

棚の上でくつろぐ猫

猫は元々、単独で行動する動物。飼い主さんや同居猫とも一定の距離を置いて過ごします。

さっきまで甘えていたのに急にプイっとどこかに行ってしまうことがありますよね。

猫は自分の気分で行動するため、「そっとしておいてほしい」「1人でのんびりしたい」と思ったら、飼い主さんの呼びかけや遊びの誘いを無視するのです。

「猫は自分の思い通りにならない」と肝に銘じ、無理に追いかけたりしないようにしましょうね。

2.何かに集中している

見つめる猫

食事をしているとき、遊んでいるとき、外の虫や鳥を眺めているときなど、猫が日常で何かに集中している場面はたくさんあります。

皆さんも何かに集中しているときに声をかけられても気づかなかったり、無視したくなることもありますよね。

猫もそれと同じです。何かに集中しているときは声をかけたり触ったりせずに、そっとしておいてあげましょうね。

3.眠い

前足を伸ばす猫

猫は1日の3分の2を寝て過ごします。「寝てばかりいる」と思ってしまいますが、狩りをする時間以外は体力を温存するために寝て過ごしていた名残なのです。

また、子猫は成長過程において睡眠が重要な役割を果たしています。まさに「寝る子は育つ」という訳です。

猫が「眠い」と感じているときは、無視されてしまっても仕方のないことでしょう。呼びかけられても、「面倒くさいなぁ」と思っているのでしょうね。

4.気づいていない

歩いている猫

家と外を自由に出入りしている猫に限ったことですが、「外で飼い主さんと会っても気づかない」ことがあります。

外で声をかけても無視されたことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか?

猫は、獲物を捕まえるための動体視力は良いものの、視力は0.1ほどであまり良くありません。

また、人間ほど色別もできないため、外で飼い主さんに会っても気づかないことが多いようです。

他人行儀な態度にショックを受けてしまうかもしれませんが、近づけば飼い主さんの声や匂いを認識できるでしょう。

まとめ

伏せる猫

いかがでしたか?

猫が無視する理由は、気分的なことや本能からくるものです。ショックを受けたり、腹を立てる必要はありません。飼い主さんを嫌いになったわけでもないので、安心して下さいね。

「こういうこともあるんだなぁ」と猫の性質を理解することが大切です。

愛猫とのより良い関係を築くために、ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク