猫が飼い主を見下ろしているときの気持ち5つ

猫が飼い主を見下ろしているときの気持ち5つ

高い場所から見下ろしてくる愛猫。その瞳は冷ややかなような、かわいいような…。一体何を思って見下ろしてくるのか、不思議に感じませんか?そのとき考えられる猫の気持ちを5つまとめました。

1704view

1.優位でいたい

見下ろす猫

ふと視線を感じると、高いところから見下ろす愛猫の姿…。一体何をしているのでしょうか?どうも飼い主さんよりも優位だと感じたいようです。

元々高いところ好きの猫ですから、ただただ登っているだけの可能性もあります。ですが飼い主さんをじっと観察していたり、どっしりと構えたりしているような場合には「自分の方が上!」と思っているかもしれません。

2.不安

こちらを見る猫

何かしらの不安を猫が感じていて、高いところに登って見下ろしている場合も。たとえば床などの低い場所にいると、自分の安全が守られないと思っているのです。

来客や新入り猫がいる場合、そのように感じている可能性は高いです。恐怖や不安を感じているから高い場所に避難しているのでしょう。そんなときはムリに引きずり下ろそうとするのではなく、猫がしたいようにさせてあげてください。

3.1匹でいたい

1匹でいたい猫

「今はちょっかいを出してこないで!」と思っているときに、飼い主さんを見下ろしてくることもあります。高い場所で簡単には構ってこられないようにしているのでしょう。そっとしておいてあげるのが一番です。

猫はどんどん高いところに登ってしまう習性がありますが、一方で降りるのが苦手です。飼い主さんの手が届かないほどの高所に行ってしまうと、救出に手間取ってしまうでしょう。そうならないよう、あまりに高い場所へは登れないよう、対策をしておくことをオススメします。

4.観察中

観察している猫

飼い主さんを観察中、という理由も考えられます。猫は大好きな人のそばにいてその姿をじっと見つめていることがあります。高い場所からだとよりよく見えるので、好んでそこから見下ろしているのではないでしょうか?

万が一、自分の身に危険が及んだときも回避しやすいです。高いところから飼い主さんを見下ろせば、ゆっくりと安心して、思う存分観察ができるのでしょう。

5.ヤなこと回避

やだよ!

例えば体のお手入れや投薬など、猫が嫌がっていることを回避するために見下ろしているとも考えられます。飼い主さんが簡単には触れられないところにいれば、もし近づいてきたとしても逃げるのが容易です。

しなければいけないことをさせよう!と思って愛猫に近づいても、猫は気持ちを察してさっとどこかへ避難してしまいます。飼い主さんの気持ちなどお構いなしです。猫にとって高い場所は、便利に使える場所なのでしょう。

まとめ

mocaくん

愛猫に見下ろされていると、なんとなくこちらの方が下のように感じてしまいますが…。そこには様々な理由があるようです。下手に構わない方が無難でしょう。大人しく見下ろされておくのが、ベストなのかもしれません。

スポンサーリンク