猫が『軽蔑』したときにする態度3つ

猫が『軽蔑』したときにする態度3つ

猫と暮らしていると、「今軽蔑された」と思うことはありませんか?猫はマイペースで自分の気持ちで行動する動物。さっきまで甘えていたのに、急にプイッとどこかに行ってしまう…なんて気まぐれな面もありますよね。そんな猫が、軽蔑したときにはいったいどんな態度をとるのでしょうか?

5689view

1.触らせない

噛みつく猫

猫は警戒心が強い動物。信頼している人以外に触られるのを嫌がる猫もいます。

人間に対する恐怖心から拒否する猫もいますが、そうではなく、「気安く触らせない!」と思っているのかもしれません。

飼い主さんを軽蔑するような態度ですよね。このような場合、信頼関係を築くことから始めてみましょう。

可愛いからと言って、構いすぎない、猫の嫌がることはしないよう心がけ、「この人は自分に危害を加えない人である」と理解してもらいましょうね。

2.無視する

歩いている猫

名前を呼んだり、話しかけても振り向いてくれないことがありますよね、

しかし、猫をよく観察してみると、耳をピクピクと動かしたり、シッポを横に振って返事をしているように見えます。

オヤツや遊びなど、自分にとって有益なことがなければ、わざわざ動くのは面倒くさいと思っているのでしょう。

「用もないのに呼ばないでよ!」という気持ちなのかもしれませんね。

飼い主さんにしてみたら、軽蔑されている?と思ってしまいますよね。

3.高い所から見下ろす

見下ろす猫

ふと気づくと上から冷たい視線を感じることはありませんか?

猫は元々、高い所に身を潜め、自分の身を守りながら狩りをしていました。

その名残りから、家の中で飼われるようになっても高い所から、見下ろすような行動をとるのです。

飼い主さんは何だか軽蔑された気持ちになりますよね。

高い所には登れない飼い主さんを見て、「鈍くさいヤツだなぁ」と優越感に浸っているのかもしれませんね。

まとめ

見つめる猫

いかがでしたか?

愛猫に軽蔑されたような態度をとられると、複雑な気持ちになりますよね。

猫は群れで暮らしていた犬とは異なり、単独で暮らしていました。

そのため、上下関係もなければ、誰かに媚びる必要もなかったのです。

猫がマイペースで自分の気の向くまま行動をするのは、元々の習性なのです。

飼い主さんの思い通りにはならないことを覚えておきましょう。

軽蔑された?と感じたら、自分の行動を振り返り、猫に信頼される飼い主さんを目指しましょう!

スポンサーリンク