猫が『パタパタと尻尾をぶつけてくる』意味4つ

猫が『パタパタと尻尾をぶつけてくる』意味4つ

猫は身体の動きで、様々な気持ちを表しています。今回は、尻尾の動きから猫がどのような気持ちになっているのか探ってみたいと思います。

982view

1.挨拶をしている

尻尾を絡め合う二匹の猫

人間の身体に尻尾が優しく触れてくる時は、猫が挨拶をしている可能性が高いでしょう。

人間が歩いている時や座っている時にちょっと触れてきます。猫同士の挨拶では尻尾を絡めることが多いようです。

同じように、尻尾を垂直に高くあげてお尻を向け合う様子も挨拶です。

初対面の猫に尻尾を触れてもらえたら、猫に歓迎されていると考えて間違いありません。

2.甘えている

人の足に身体や尻尾を触れる猫

トントンをするように尻尾をぶつけてくる時は、相手を信頼し甘えていることが多いでしょう。

尻尾は猫の身体の中でも敏感な部分です。嫌いな人や興味のない人には尻尾で触れてきません。

勢いよくぶつけてくるのではなく、優しく問いかけるような雰囲気で触れてきます。柔らかな尻尾の動きに、私たち人間もうっとりとしてしまうでしょう。

3.要求がある

尻尾を人に触れてご飯をもらう猫

何かしてほしいと思っている時は、少し強めにパタパタ触れてきます。お腹が空いてご飯やおやつが欲しい時に多い仕草です。

その他、トイレを綺麗にしてほしいときもアピールのために尻尾を触れてきます。遊びたい時はおもちゃを持ってきているかもしれません。

ご飯は決まった時間以外にあげてはいけませんが、その他の要求には素早く応えてあげると猫に喜ばれます。

4.イライラしている

男性から無理に抱かれる猫

逆に、大きな振り方で勢いよくぶつけてくる時は、機嫌が良いのではなくイライラしています。

無理やり抱っこをすると横に大きくブンブンと振り始めます。

ブラッシングや爪切りが長時間に渡ると、横座りになって手に尻尾をぶつけます。

猫の嫌がるサインが見えた場合は、すぐに自由にしてあげましょう。そうしないと、爪を出した猫パンチをされたり噛み付かれたりしてしまいます。

まとめ

尻尾の先を曲げている猫

猫がパタパタと尻尾をぶつけてくる意味4つについてお伝えいたしました。

猫の身体には骨が多くあり、尻尾を柔らかく動かせることができるので大変に表情が豊かです。

猫が尻尾を動かしている時は、人間に何かを伝えたいと感じているのでしょう。猫の気持ちを読んで、猫が何を望んでいるのか考えてみてくださいね。

スポンサーリンク