『猫の飼い主』だからこそわかること5選

『猫の飼い主』だからこそわかること5選

猫と一緒に暮らしだしたらわかったこと、ありませんか?それまで抱いていた猫のイメージとは異なったり、こんな一面があるんだと思ったり。いつも愛猫と過ごしている飼い主さんだからこそわかることをまとめてみました。

699view

1.悪い顔のときはだいたい眠い

悪い顔の猫

筆者が猫を飼う前、目が鋭い猫の写真を見て「猫ってなんて目つきが悪いんだろう。悪い顔してるよね」と思っていました。いかつい動物なのかな、と。

でも実際に飼ってから気がついたことがあります。それは、猫の目つきが悪いときは「眠い」ときなのだと。眠いと目がしょぼしょぼして鋭くなり、悪い顔になるのです。たいていは猫相がだいぶ悪くなった後、スヤスヤとお休みモードになります。

これは猫を飼ったからわかったことです。ですからもし猫相の悪い猫がいても、怖がらないでください。それは「これから寝るよ〜」という合図なのです。

2.間がよすぎる

膝に乗る猫

猫はどうしてか間がよすぎる生き物です。なぜか飼い主さんが立とうと思ったタイミングで上に座ってきたり、使いたいと思っているものに乗ったりしてきます。

あの間のよさは飼い主さんでないとわからないでしょう。相手の気持ちに敏感な生き物なので、何かを察しているのかもしれません。わざと邪魔をしているわけではないと思いますが、それによって自分に注目してほしいと思っていそうな気配です。

そんなことをされても叱れず、困っている飼い主さんは全世界にたくさんいるでしょう。

3.贅沢ではない

段ボールに入る猫

気位が高く、飼い主さんのことをしもべと思っていそうな猫ですが…。意外にも贅沢ではないようで。

というのも、飼い主さんが愛猫のために買った高級ベッドには目もくれず、それが入っていた段ボールに入る姿がしばしば目撃されているからです。「そっち…?」とがっかりした方は少なくないでしょう。

もちろん食に関してはこだわりがあるので、高級フードやおやつは喜びます。ただそれ以外は贅沢な品でなくても満足してくれる場合が多いので、一点豪華主義なのかもしれません。

4.脅威の身体能力

ジャンプする猫

いつものほほんと寝ていそうな猫ですが、一緒に暮らすとその脅威の身体能力に驚かされることがあります。例えばジャンプ力。身長の何倍もある場所にもヒラリと軽く飛び乗ります。

また、飼い主さんが素早く動かすおもちゃを正確に捉えられる動体視力や、小さな虫が動く音が聞こえる聴力など、猫ってスゴイ!と思わされることが。飼い主さんなら誰もがご経験済みでしょう。

5.収集が趣味

靴下を集める猫

全ての猫ではありませんが、一部収集が趣味という猫がいます。飼い主さんの靴下にはじまり、ペットボトルのフタやストローなどをどこかへ集めているのです。

中には謎すぎる物を集める場合もあります。なぜか頻繁に物がなくなると思っていたら、愛猫が収集しているのかもしれません。ソファーの下や家具の裏などを探してみると、たくさん出てきたりして…。

まとめ

テンテンくん

猫と暮らすと、そのイメージがくつがえされるケースが多いようです。たいていの場合はかわいくてしかたがなくなり、猫嫌いだったのに大の猫好きになる方も。

愛猫の意外な一面を知ると、より愛おしくなります。飼い主さんだからわかること、もっともっと見つけていきたいですね!

スポンサーリンク