猫が飼い主に『忖度』しがちなシーン5選

猫が飼い主に『忖度』しがちなシーン5選

自由気ままな猫。飼い主さんに「忖度」をすることなどあるのでしょうか?実は予想を見事にくつがえし、猫も忖度はしているよう。一体どんなシーンで行っているというのでしょうか?にわかには信じがたいその真実の、あなたは目撃者となる…かも?

1398view

1.飼い主さんが落ち込んでいる

抱っこされる猫

飼い主さんが落ち込んでいると、猫が忖度してそっとよりそったり涙をなめてくれたりすることがあります。と飼い主さんから見るとそのように見えますが、実際のところはどうだか…。

いつもと違う様子は感じ取っているものの、猫に「よし!飼い主をなぐさめてやろう!」という気持ちがあるかどうかはわかりません。正直なところ、普段とは違う飼い主さんの雰囲気に不安を感じている、涙が流れる水に見えてなめてみた、かもしれないのです。

このようにいうと夢がなくなってしまいますが、猫が人間のように「よしよし。飼い主元気だせ」と思っているかは疑問です。ただ、愛猫の行動をどのように分析するかは飼い主さん次第。なぐさめてくれた!と思って元気が出るなら、それでよいのではないでしょうか?

2.病気で寝込む

添い寝する猫

病気で寝込んでいるとき、心配そうに飼い主さんによりそう猫の姿がしばしば報告されています。「飼い主、大丈夫か?」看病しているかの様子は美談にもなりえますが…。そして実際飼い主さんも元気をもらえることでしょう。

いつもより長く寝ている飼い主さんを見てきっと、何かがおかしいと感じているはず。そして病気で弱っている空気もなんとなく感じ取っているのではないでしょうか?

ただいつも一緒に寝ている猫なら、「わ〜い!今日は飼い主と長く寝れるぞ!」と思い添い寝しているだけなのかもしれません。やわらかくてほんのり温かい飼い主さんの体、これほど気持ちがよいものはないのでしょう。

3.甘えたいけど…

様子を見る猫

猫の中には飼い主さんの都合はお構いなくズカズカと甘えにくる猫と、遠慮がちに様子を伺いながら甘えてくる猫がいます。

筆者宅の3匹いるうちの1匹は、後者です。甘えたいと思ってもストレートにくることはありません。少し近くによってこちらの様子を伺いながら、OKが出るまでじっと見つめてきます。とても遠慮がちな性格のようです。

実際どのように思っているかはわかりませんが、他の2匹のようにこちらの都合に構わず甘えてくることがありません。猫の中にはこのような性格の子もいると知ってほしくて書かせていただきました。何かのご参考になれは幸いです。

4.写真撮影

ポージング

猫が自分の写真を撮られることについてどう思っているかはわかりませんが…。飼い主さんが何かをしていると思い、きちんとポーズを決める猫も。撮影が終わるまで動かないようにしていたり、バッチリカメラ目線でいたり。

きっと忖度しているのでしょう。というのも筆者が以前沖縄を旅行した際、ある食堂で飼われていた猫がこのタイプだったのです。その猫はヘソ天をしていましたが筆者が撮影を終えるまでじっとそのままでいてくれていました。

撮りおわると解放されたかのように動き出したので、ちゃんとわかってるのだなぁ、と。観光地の猫だから、よけいだったのかもしれません。あなたの愛猫ももしかしたら、撮影時に忖度してくれているかも?

5.吐く場所を考える

嘔吐

猫がよく吐く動物なのはご存知の通り。カーペットや洋服の上などにされてしまい、困ったご経験はありませんか?これもベテランになってくるとわざわざ拭き取りやすい場所に移動し、吐くようになってくれることがあるようです。飼い主さんが後片付けてたいへんな思いをしているのをわかっているのかもしれません。

この行動を忖度といわずして何というのでしょう。筆者宅の猫は全くですが…。つい最近もマットレスの上に見事に「けぽぉ」としでかしてくださいました。

まとめ

ちうくん

飼い主さんの都合などお構いなし!に見える猫ですが、実は色々と感じていることがあるのでしょう。でもそれを行動に移すかどうかは別問題、と専門家の方がおっしゃっています。

つまり飼い主さんの気持ちや状況をある程度はわかっているものの、それによりそった行動をするかどうかは猫次第なのです。そこがいかにも、猫らしいではないですか。

スポンサーリンク