猫が『ゴロゴロと寝転びたくなる場所』4選

猫が『ゴロゴロと寝転びたくなる場所』4選

猫がゴロゴロと寝転んでいる姿を見ることは多いですよね。気持ち良さそうにリラックスしていますが、どこでも良いわけではありません。猫が寝転びたくなる場所とは、いったいどんな場所なのでしょうか?

776view

1.床の上

寝転ぶ猫

夏はひんやりするフローリング、冬は暖かいカーペットの上。猫が床の上でゴロゴロ寝転ぶ光景をよく目にしますよね。

私たち人間は全身から汗を出し熱を放出しますが、猫は肉球にしか汗腺がないため、体温調節が苦手なのです。

そのため、快適な温度の場所を求めて移動を繰り返します。

ひんやりするフローリングは体温を下げるには最適な場所なのでしょうね。

2.玄関

床の上に寝転ぶ猫

いないと思って部屋を探していると、玄関で寝転んでいることはありませんか?

部屋から離れている玄関は、静かで薄暗く落ち着けるのでしょうね。

また、タイルや大理石の玄関の床はひんやりして気持ちが良いのでしょう。

飼い主さんにしてみれば、あまり寝転んで欲しくはない場所ですが、猫は好んでゴロゴロしたくなるようです。

3.窓際

窓際の猫

冬になると、窓際で気持ち良さそうに日向ぼっこをしていますよね。

猫は、寒い冬は体を動かして体温を上げる必要があります。

しかし、猫は本来狩りをする時間以外は休息を取り、体力を温存したいのです。

太陽の光に当たり、体を動かさなくても体温を上げることができる「日向ぼっこ」は猫にとって好都合なのでしょう。

室内で飼われるようになってからも、窓際で寝転び、日向ぼっこをするのでしょうね。

窓際には、猫がくつろげるスペースを用意してあげましょう。

4.布団

布団で眠る猫

布団の上でゴロゴロと寝転んでいることがありますよね。

猫は布団や毛布など、柔らかい素材を好みます。

母猫の柔らかいお腹で眠っていた頃を思い出し、安心できるのでしょう。

また、飼い主さんの匂いがついた布団はより安心してくつろげるのでしょうね。

まとめ

床に寝転ぶ猫

いかがでしたか?猫がゴロゴロと寝転ぶ姿は、よく見る光景ですが、きちんと理由があるようです。

気温の変化に敏感な猫は、快適な場所を見つける名人とも言えます。

単独で生活してきた猫の、命を守るための本能的な行動だと言えるでしょう。

「いつもゴロゴロしていていいなぁ」なんて思いますが、猫にとって「休息」は大切な日課です。

声を掛けたり、触ったりせず、そっとしておいてあげましょうね。

スポンサーリンク