猫が自分の『可愛さ』をわかっている時にする行為3つ

猫が自分の『可愛さ』をわかっている時にする行為3つ

猫の可愛さに魅了された飼い主さんたちはある日突然思うんです…「この子、自分が可愛いって分かってるよね?」と。猫が自分の可愛さを自覚していないと説明できないエピソードもたくさんあります!本記事では、そんな猫たちが自分の可愛さを分かってやっていることについてご紹介したいと思います。

1593view

1.叱られると転がる

イタズラ猫

猫と生活していると当たり前の光景となってしまうのが「イタズラ」です。もちろん猫はわざとやっていますが悪気はまったくありません!(笑)

そのためイタズラの現場に居合わせた飼い主さんから「こらっ!」と叱られてもどこ吹く風。それどころか「それより遊ぼうよ~」とお腹を見せたりしてくる始末です…これは「可愛い」と分かっていてやっているに違いありません!

我が家でも愛猫のイタズラは日常茶飯事で、特にティッシュペーパーなどの紙類を部屋中にまき散らしてくれるんですが、叱られても「だって遊んで欲しかったんだもん!」とゴロゴロと転がりつつ反省はしていません…でも可愛いから結局そのあと一緒に遊んであげてしまうんですよね♡

2.カメラを向けるとポーズを決める

謎のポーズ

自分が可愛いことを自覚している猫は写真を撮られる時もしっかりと独自の決めポーズをするようです。我が家の猫たちも謎のポーズでドヤ顔をしたりします。

人間でも「写真を撮られるなら可愛く(かっこよく)写りたい!」と思う人はいますが、猫にもそういった気持ちがあるのでしょうか?中には飼い主さんから「可愛い顔して!」と言われるとなぜか変顔をする猫もいるようです!

しかし、猫が自分で考えたオリジナルのポーズって、本当に可愛いものもあれば「これはどういう心境なの?」と聞きたくなってしまうようなポーズまで本当に様々ですよね♪

皆さんの愛猫も独自のポーズを開発していたりしませんか?

3.大好きな人を見る目はキラキラ

期待の眼差し

ご飯が欲しい時や遊んで欲しい時に飼い主さんを期待の眼差しで見つめながらおねだりをする猫は多いですが、大好きな人を見つめる時の眼差しはそれ以上にキラキラしています♡

本当に熱い視線を送ってくれるんですよね。

心なしか普段より可愛い表情になっていたりますし、これもきっと大好きな飼い主さんに喜んでもらうために可愛い表情を作っているのかも知れません!そう考えると猫って実は演技派なんでしょうか!?

もちろん猫が作る「可愛い表情」は誰が見ても可愛いんですが、大好きな飼い主さんだけに対しての特別な表情であることが多いのか、他の家族の前ではしてくれないことが多いのがちょっと残念な気もしますね。

まとめ

見つめる猫

猫って明らかに自分が可愛いことを自覚しているかのような行動をしますよね。

そして猫が「可愛い仕草」を見せる時は飼い主さんの反応をちらちらと伺っているんです…!まさに策士じゃありませんか!

イタズラをして叱られても可愛い仕草で切り抜けようとしますし、持ち前の可愛さを活用できる頭脳まで持っているなんて猫って本当に凄いですよね♪

そんな可愛くて賢い上に飼い主さんの性格や好みまでしっかりと熟知している愛猫に飼い主さんたちは日々翻弄されながら、でも愛が溢れた素敵な毎日を過ごしていることでしょう♡

スポンサーリンク