猫が『足の甲』に座るときの心理3選

猫が『足の甲』に座るときの心理3選

猫が飼い主の体に乗っかることは、猫の性格によっては良くあることです。しかしわざわざその中でも足の甲を選んで座る子は、どのような意図があるのでしょうか。

1769view

足の甲に座る猫

座る猫

猫には多くの不思議な魅力があります。謎が多いことも魅力の一つなのですが、例えば皆様の猫は足の甲に座ったりはしますか?

猫を飼っていると人間の体に乗りたがる子はそう珍しくはありません。

しかしよりにもよって飼い主の「足の甲」を狙って座る子は珍しいと言えます。

どうしてわざわざそこを選んで座るのか、その理由について調べてみました。

うちの子も足の甲に座るよ!という方はぜひチェックしてみて下さい。

猫にも理由があってその行動をとります。知っておくだけで愛猫の気持ちをより知ることができるきっかけになるかもしれません。

1.アピールしたいから

見上げる猫

もしかすると愛猫に飼い主にしてほしい要望があったのかもしれません。

例えば「お腹が空いた」「遊んでほしい」などです。飼い主に訴えようとした時にその手段として足の甲に座るという強硬手段に出た可能性があります。

足の甲に猫に座られると、飼い主は当然気づきますし何らかの反応を出す方がほとんどだと思います。

視界に入らざるを得ないポジションでもありますので、アピールするには絶好の場所でもあるのです。頭の良い猫はその点に気づいて上手く利用したのかもしれません。

2.温かく感じたから

暖房と猫

たまたま猫の前足で飼い主の足の甲を踏んでみると、思っていた以上に温かくて特に冬の寒い時期にはちょうどいい湯たんぽがわりになった可能性があります。

人の体温は猫にとってもちょうどいい温かさであり、温もりも触っていて気持ちの良いものなのです。

そこまで寒くはないけど、ちょっとだけ温まりたいないという時も活用できるのです。

飼い主にとっても猫の体温は温かく、毛がふわふわで気持ちの良いものではありますのでお互いにとってメリットかもしれません。寒いときは身を寄せ合うことが一番の解決法です。

3.信頼しているから

鼻で挨拶する猫

猫が人間に自ら近づいてくること自体が信頼の証拠です。

ましてや飼い主の皮膚に触れるとなると「この人は近づいても安心」という気持ちがなければ、警戒心の強い生き物である猫はなかなか近づくことはしません。

今までの関係が信頼関係を作ってきたので、その結果足の甲にも座ってきたのかもしれません。

足の甲に座ると飼い主は猫の方を見ることになりますので、自ら相手の視界に入りたくて足の甲を選んでいる可能性もあります。

いずれにせよ、飼い主にとっては嬉しい理由になるでしょう。

まとめ

見つめる猫

足の甲はなかなか小さなスペースではありますが、飼い主に気づかれやすいスポットでもありますのでそれを猫が利用しているかもしれません。そのまま優しく撫でてあげましょう。

スポンサーリンク