猫がホテルに預けられたときの気持ち5つとケア方法

猫がホテルに預けられたときの気持ち5つとケア方法

飼い主さんの旅行や出張などで数日に渡り家を開ける場合があるでしょう。そんなとき愛猫をホテルに預けるという選択肢が出てくると思います。猫がホテルに預けられたとき、どのような気持ちになるのでしょうか?そしてケア方法とは?チェックしていきましょう。

1484view

1.不安

不安そうな猫

猫は周囲の環境が変わることが苦手です。いつもの家ではなく、ホテルという慣れない場所で不安を感じるのは必至でしょう。飼い主さんもいないし、見知らぬケージ、見知らぬ人たち、もしかしたら犬がいる場合もあるかもしれません。

周りが何もかも知らないものばかりで、戸惑わない方が不思議でしょう。中にはドンと構える猫もいるかもしれませんが、ほとんどの猫が不安で押しつぶされそうになります。

そんな愛猫を落ち着かせるには、お気に入りの毛布やベッドなどを持ち込んであげるとよいでしょう。自分のニオイがするとそれだけで少し安心できます。完全にリラックスはできないでしょうが、せめてものケアとして持っていってあげてください。

2.ストレス

不機嫌そうな猫

家から出るだけでもストレスを感じるのに、ホテルで数泊するとなるとストレスフルになります。1泊2泊ならご飯や水、トイレを十分に用意しておけば猫だけで留守番でも大丈夫です。もし愛猫に持病がある場合は、かかりつけ医に相談した方が無難でしょう。

ストレスを少しでも緩和するには、やはり自分のニオイがついたものを持参し、トイレ砂も使用しているものを持っていきましょう。ご飯はいつも自宅で食べているフードにすると、警戒心を抱かずに食べてくれやすいです。

猫の身の回りのものを、可能な限り持っていくとよいでしょう。

3.ホテルにより異なる

ケージの中の猫

愛猫を預けるホテルの環境により、猫の気持ちは大きく異なるでしょう。猫のケアを最大限に考えたゴージャスなホテルもありますし、病院の一般的なホテルもあります。

猫専用ホテルや犬と混合のところも。どんな環境のホテルに預けるかにより、愛猫の気持ちやストレス度合いは変わってくるでしょう。猫のことを考えればそれなりの広さや高さがあり、他の動物がいないホテルがよいとは思いますが、やはり費用がかかってきます。

おサイフと相談しつつ、決めてあげてください。気をつけたいのがしっかりとしたケアをしてくれるホテルばかりではない、という点です。中には預けている間に事故が起きてしまった、という実例がありますので、十分に注意しましょう。

4.しばらくしたら落ち着く

寝ている猫

最初は不安げにしていても、ホテルについてしばらくすると気持ちが落ち着いてくるでしょう。それまでは不安を抱え、ウロウロする、鳴く、ご飯を食べないなどいつもと違う様子が見られるかもしれません。しばらく時間が経過して落ち着いてくると、「仕方ない」とでもいうかのようにゆったりと構えることでしょう。

ただこれには個体差があります。すぐに落ち着きを取り戻す猫もいれば、ずっと不安げにしている猫も。泊まっている間の愛猫の様子をスタッフに聞き、今後の参考にしてください。

余談ですが筆者宅の猫は全くご飯を食べなくなったことがありました。猫が長時間何も口にしないと病気になってしまう可能性がありますので、スタッフの方が大変心配されていたことを覚えています。

それ以来、ホテルには預けずペットシッターさんにお願いするようになりました。猫の性格に合わせて、どうするかを決めるとよいでしょう。

5.食欲低下

食べない猫

慣れない場所、慣れない人などに囲まれていると食欲の低下を起こすことがあります。ストレスによって食べる気にならないのかもしれません。少々前述しましたが、猫が何日もご飯を食べないと、脂肪肝という病気にかかる可能性があります。

十分に気をつけなければいけません。ホテルが動物病院併設のものなら対処してもらえるでしょう。ただそうではなければ最悪の場合、愛猫が病気になって戻ってくるかもしれません。もしものことがあったとき、どのような対応をするホテルなのかも事前に確認しておいた方がよいでしょう。

まとめ

ホテルにいる猫

愛猫を慣れない環境に置くのは、飼い主さんも不安だと思います。お互いにとってストレスがかからない方法を選ぶとようにしましょう。

スポンサーリンク