猫が『見下ろしている』ときに考えていること3つ

猫が『見下ろしている』ときに考えていること3つ

時折、猫と一緒に暮らしていると気づいたら見下ろされていることはありませんか。勝ち誇って見ているような感じもするのですが、一体どのような心理状態なのでしょうか。

597view

猫が見下ろす時

見下ろす猫

猫と一緒に暮らしていると、頻繁に高いところに登って飼い主のことを見下ろしていることはありませんか。

なんだか見下ろされているといい気分ではないと感じる方も多いとは思うのですが、猫にとっては別の気持ちを抱えている可能性があります。

ここでは猫が高いところから見下ろしている時に、どのような気持ちなのかを調べてみました。

基本的に猫は高いところが好きです。飼い主のことを見下ろしたくて登っているとはまた違う感性を持っています。ぜひ一緒に猫の気持ちを勉強していきましょう。

1.リラックスできるから

箪笥の上でくつろぐ猫

猫の本能には高いところを好む習性が備わっています。

高い場所は猫にとってノミやダニから身を守ってくれたり、敵から身を守ったり、獲物を狙う時に見つけやすい位置を確保できることに役立っています。

日常の中で驚いたりする時に咄嗟に高いところへ逃げようとする事は、この本能が働いているからなのです。そのため寝る時にも猫は高い場所を好んで選びます。

難しい体勢でよくキャットタワーの上で毛づくろいをしていて、落ちないか飼い主はヒヤヒヤすると思いますが最高に寛いでいるのです。そのままぜひそっと見守ってあげましょう。

2.優位な立場に居たいから

二匹の猫

特に多頭飼いをしている家庭では、新入り猫よりも優位な立場に居たくて高い場所を確保しようとする姿が見られます。

猫の社会では優位な立場を高い場所で示す事が多く、新入り猫に対して先住猫が優位な立場を取ろうと高い場所から見下ろしている事があります。

反対に新入り猫に高い場所が取られてしまうと、先住猫のプライドが潰れてしまいますので飼い主も注意が必要です。

プライドが潰れてしまうと、猫にとってはストレスで体調を崩してしまう子もいます。

3.一人で居たいから

毛づくろいする猫

人間にもいくら家族と一緒に暮らしているからといって、たまには一人で居たいと思う時はありませんか。その気持ちは猫も同じです。

ちょっと一人でまったりとしたいなという時には干渉されにくい高い場所に移動することもあります。そこでじっと見下ろすことで、一人の時間が邪魔されないか確認しているのです。

家族への対応と同じでそんな時はそっとしといてあげましょう。また飼い主と一緒に遊びたい時や甘えたい時には自ら降りて近寄ってくれます。

そのタイミングで構ってあげることで愛猫にも「この人は信頼できる人」という認識をしてくれるようになります。

まとめ

見下ろしてる猫

猫にとって高い場所は、いわば自分の部屋のようなくつろいだりホッとできる場所なのです。

飼い主もその習性は理解してあげて、ある程度愛猫の自由にさせてあげると快適な生活になるでしょう。

スポンサーリンク