猫が『嫌悪感』を抱いていること5つ!何気ない行動が猫を苦しめているかも?

猫が『嫌悪感』を抱いていること5つ!何気ない行動が猫を苦しめているかも?

当たり前ですが猫と人では少し感覚が違います。人にとってはたいしたことがなくても、猫には嫌悪感を抱くほど大ごとな場合があるのです。それは一体どんなことなのか?チェックしていきましょう!

898view

1.無理じい

抱っこされる猫

自由を愛するのが猫という生き物です。そのため、無理に何かをさせられることに嫌悪感を抱いています。

病院での診察や必要な体のお手入れの場合はしかたありませんが、基本的にいつも自由でいたいのが猫なのです。無理に抱っこする、無理に来客に会わせるなどはなるべく避けてあげましょう。

猫がしたいようにさせてあげるのが、よい飼い主さんの条件でもあります。とはいえ全て猫の要求通りにするのもNGですので、締めるところは締めていきましょう。

2.大きな音

されるがままの猫

猫は大きな音が苦手です。何かを落とした音や拍手、くしゃみなどにも反応する場合があります。生活している以上、完全に音を消すのは難しいですが、なるべく静かにすごさせてあげてください。

落ち着きのない飼い主さんの行動にもビクビクしているかもしれません。猫は子供が苦手といわれていますが、子供自体ではなくその動きがダメなのです。

突然動いたり大声をあげたり、猫にとっては予想がつかないので驚いてしまいます。ですから子供ではなくてもこのような動きをする人には、嫌悪感を抱いてしまうでしょう。

3.トイレが汚れている

トイレに座る猫

猫はとてもキレイ好きです。ヒマさえあれば毛づくろいしていることから見ても、理解できると思います。特にトイレのキレイさにこだわる猫は多いもの。

汚れていると排泄を我慢したり粗相したりして困った事態になってしまいます。いつも清潔なトイレを用意してあげてください。

日中はお仕事などで留守にしているのなら、自動トイレを取り入れてみてはいかがでしょうか?いつでもキレイなトイレ環境に、愛猫も満足してくれるでしょう。

4.来客

隠れる猫

たいていの猫は来客を嫌がります。見知らぬ人に警戒心を抱くので、すぐに隠れてしまうでしょう。物陰からじっと様子を観察し、危険がないかを判断しています。

ただ危なくないと思えば興味を持って近づいてくる場合もあります。完全に嫌悪しているわけではなく、ただ人見知りなのです。ですが来客の態度によっては嫌悪感に変わる可能性もあるでしょう。

飼い主さんも来客に愛猫を見せようと、ひっぱりだすのはやめてあげてください。猫のペースで行動させてあげるのが一番です。

5.強いニオイ

猫の鼻

人と猫の香りの好みは全く逆のようで…。人がよいと感じる香水や柔軟剤などは嫌がる傾向にあります。逆に人が嫌だと感じる体臭などのニオイをよいと感じるようです。

猫と触れ合うときは基本、無臭がよいでしょう。香水などをプンプンさせていると、逃げてしまうかもしれません。注意していきましょう。

まとめ

嫌悪感

猫はストレスに弱い生き物です。そのため、ご紹介した嫌悪感を抱くことをしつづけると体調を崩してしまう可能性があります。それほどまでに繊細な生き物です。

猫がなるべくストレスを感じずに暮らしていけるよう、気をつけてあげてください。

スポンサーリンク